健康診断のつづき。。。。(二次健康診断給付について)

近年、定期健康診断による有所見率が増加するなど、
健康に問題を抱える労働者が増加傾向にあります。

このような状況の中で、業務によるストレスや過重な負荷により、
脳血管疾患及び心臓疾患等(以下「脳・心臓疾患」といいます。)を発症し、
死亡又は障害状態に至ったとして労災認定される件数も増加傾向にあります。
 

 このような脳・心臓疾患の発症は、本人やその家族はもちろん、
企業にとっても重大な問題であり、
I社会的にも「過労死」等として大きな問題となっています。

 一方で、脳・心臓疾患については、
発症前の段階における予防が効果的であるとされています。

 二次健康診断等給付は、直近の定期健康診断等の結果、
脳・心臓疾患を発症する危険性が高いと判断された方々に対して、
脳血管及び心臓の状態を把握するための二次健康診断及び脳・心臓疾患の発症の
予防を図るための医師等による特定保健指導を受診者の負担なく受けることができる新しい制度です。


【二次健康診断について】
二次健康診断等給付は、
労働安全衛生法に基づく定期健康診断等のうち、
直近のもの(以下「一次健康診断」といいます。)において、
「過労死」等(業務上の事由による脳血管疾患及び心臓疾患の発生(以下「脳・心臓疾患」といいます。))に
関連する血圧の測定等の項目について異常の所見が認められる場合に、
労働者の請求に基づき、二次健康診断等給付として二次健康診断及び特定保健指導を給付します。

【給付要件について】
二次健康診断等給付は、一次健康診断の結果において、

(1) 血圧の測定
(2) 血中脂質検査
(3) 血糖検査
(4) 腹囲の検査又はBMI(肥満度)の測定

のすべての検査について異常の所見があると診断された場合に受けることができます。
ただし、労災保険制度に特別加入されている方及び既に脳血管疾患又は
心臓疾患の症状を有している方は対象外となります。

ネジのことなら。。。
職人さんのお助けサイト
画像