人間ドック。。。

人間ドックについて、ちょっと調べました。。

 肉体的・精神的に多忙な日常生活を過ごす間に生じてくる
身体異常を、自覚症状の有無にかかわらずチェックする必要があるという主旨から、
1954年(昭和29)国立東京第一病院に最初の人間ドックが開設された。

 以来、人間ドックは各地の病院に広く普及している。
従来からある企業や学校単位での健康診断は、結核の早期発見が主目的であった。
しかし、最近では、狭心症・心筋梗塞(こうそく)・脳卒中などの循環器疾患、
胃・十二指腸潰瘍(かいよう)・肝炎・肝硬変などの消化器疾患、
糖尿病・痛風(つうふう)・脂質異常症などの代謝性疾患、
胃癌(がん)・大腸癌・肺癌・乳癌・子宮癌などの悪性腫瘍(しゅよう)といった、
いわゆる生活習慣病(成人病)が注目されるようになってきている。

 今日の人間ドックがもつもっとも大きな目的は、これら疾患の早期発見にある。
こうした内容の変化とともに、対象とする人々も変わってきた。
すなわち、これまでの健康診断の対象者は、
企業の従業員や学校の学生・生徒に限られていたが、
人間ドックの場合、その対象者は、組織に属していない
一般の人々にまで広げられたわけである。


しかし、人間ドックは病気の治療を目的としていないため、
健康保険の適用はなく、一部健康保険団体、
企業、市町村よりの助成制度があるが、
すべて自己負担となる。

このため、従来は1週間程度の入院を必要としたが、
最近では、時間的・経済的に縮小した1泊ないし2泊の
短期入院ドックや外来ドックが主となっている。

【検査項目】
人間ドックで行われる検査項目は、
病院の規模の大小や、期間の長短などにより若干の違いはあるが、
基本的には大差はない。

一般的な問診(既往歴・生活歴・職業歴・家族歴・最近の身体状況など)、
内科診察(打診・聴診・触診・視診など)のほかに、
次のような身体各臓器の系統的な検査を行う。

(1)呼吸器系 胸部レントゲン写真(正面像・側面像)で、
結核、癌などの病変の有無を調べる。
さらに必要ならば、喀痰(かくたん)を採取し、
結核菌などの病原菌の有無や、
癌細胞の発見を目的として病理組織学的検査を行う。
呼吸機能検査では、肺活量、1秒率(最大吸気から最初の
1秒間に吐き出される気量の割合)などを測定する。

(2)心・脳・血管系 血圧測定は、通常の坐位(ざい)血圧のほか、
臥位(がい)や立位で測定することもある。
これは、体位による血圧の異常な変動がないかどうかを
チェックするためである。
心電図は、安静時心電図のほかに、トレッドミルなどで
運動負荷をかけ、不整脈や狭心症の有無をチェックする。
また、胸部・腹部レントゲン写真から、
心・大血管系の大きさ・形の異常(心肥大など)、
石灰化(動脈硬化による石灰沈着)の有無を調べる。
脳については、頭部のCTスキャン、
MRI検査、MRA検査、脳波検査などを行う。
また、眼底撮影により細動脈硬化などの変化を観察する。

(3)腎(じん)・尿路系 尿検査では、タンパク・糖の有無を調べる。
また、遠心分離した沈渣(ちんさ)(遠心分離機にかけ、
上澄みを除いたあとに残るもの)を顕微鏡で観察し、
白血球、赤血球、円柱(腎尿細管内でできる凝固物質)、
細菌などの病的成分の有無を調べ、
腎疾患や糖尿病などのスクリーニング(選別)を行う。
また、腎臓の尿濃縮力試験、PSP(フェノールスルホンフタレイン)色素排泄(はいせつ)試験、
血液検査(ナトリウム、カリウム、塩素、尿素窒素、クレアチニン濃度など)を実施して、
腎機能の評価を行う。

(4)消化管系 食道・胃・十二指腸は、バリウムによる造影検査を行い、
必要なら、ファイバースコープにより、粘膜の性状、とくに潰瘍・癌の有無を調べる。
小腸・大腸など下部消化管については、まず糞便(ふんべん)の潜血検査を行い、
陽性の場合は、注腸造影、大腸ファイバースコープなどの検査を行う。

(5)肝臓・胆嚢(たんのう)・膵臓(すいぞう) 
主として血液化学検査(総タンパク、アルブミン、グロブリン、ビリルビン、GOT、GPT、LDH、ALP、γ‐GTP、ZTT、アミラーゼなど)となるが、
ほかにB型・C型肝炎ウイルスの有無、胆嚢造影による胆石の有無なども調べる。
腹部超音波エコー検査も行われ、必要により腹部CTスキャンを用いることもある。

(6)糖尿病・痛風などの代謝性疾患 空腹時血糖、HbA1c測定や、50~100グラムのブドウ糖負荷試験を行って、耐糖能異常の有無を調べる。
また、血中の尿酸値の検査から、痛風のもととなる高尿酸血症の有無がチェックされるほか、
血清脂質(コレステロール、中性脂肪など)を調べて、脂質異常症の有無もチェックされる。

(7)血液疾患など 赤血球数・血色素濃度・ヘマトクリット(赤血球容積率)によって貧血症の有無を、白血球数・百分比(顆粒(かりゅう)球・リンパ球・単核球など白血球の種類別の存在割合)・血沈によって感染症、各種血液疾患の有無をチェックする。
また、各種血清反応により梅毒、膠原(こうげん)病などの有無も調べる。

(8)その他 外科では直腸肛門(こうもん)診、
マンモグラフィーによる乳癌検診を、婦人科では子宮癌検診を中心とした診察を行う。
また、必要に応じて眼科、耳鼻咽喉(いんこう)科などの診察を行う。

便利なサイト見つけました。。
画像


ネジのことなら。。。
職人さんのお助けサイト
画像