亀戸天神 「神忌祭(しんきさい)」

町会の氏子青年有志として、
息子と、亀戸天神の「神忌祭」にご奉仕に行ってきました!

今年はあいにくの雨のため、
下記の「境内の巡行」はできませんでした。。

画像



「神忌祭」とは!?

この日は、旧暦の2月25日道真公のご命日にあたり午後6時、
祓い清められた神前から道真公の御神霊を奉持(ほうじ)した絹垣(きぬがき)が氏子や
近隣の子供達のかざす松明(たいまつ)の火で守られながら境内を巡ります。

静寂の夜の闇にあかあかと燃え立つ松明が行列してゆく様は荘厳そのものです。

神忌祭は“松明祭り”とも言われ道真公を大切にお守りしている事を
松明の明かりをとおしてお伝えする意味もあり、8月の大祭に対する春の大祭ともいえます。

神忌祭で松明をかざし天神様をお守りする大切な役はどなたでも参加できます。

きっと天神様から幸運をたくさん頂けると思います。

皆様是非この素晴らしい体験を・・・

亀戸天神社のHPより。。。

ネジのことなら。。。
職人さんのお助けサイト
画像



企業診断のことなら。。。
中小企業と診断士のマッチングサイト
画像