夫の不貞行為。。。代償は!?

ある人が、
夫の不貞行為があるため、
母子で別居をしています。

なんとか、
その人が、
独立して生活していけるために、
今出来る、押さえとくべきポイントについて、
ちょっと調べてみました。。。



【不貞行為の証拠がある場合。。。】

妻が離婚条件について家庭裁判所へ調停を申し立てる場合、
浮気の証拠があるケースでは夫の
「不貞行為」が離婚原因となりますので、
妻は、

・婚姻費用分担金
・財産分与
・年金受給権
・親権
・養育費

そして浮気の代償である「慰謝料」の請求を法的に求めることができます。

また、夫としても、妻が極端な金額の慰謝料を要求しない限り、
不貞行為の証拠があるわけですから、
むやみに裁判にまで発展させて争っても弁護士費用の
負担増だけで利益がありませんので、

常識的に考えて和解が成立する(調停成立)可能性が高くなります。

 また、夫の浮気相手に対しても法的に「慰謝料」を請求することができます。



【不貞行為の証拠がない場合。。】

調停の申立理由について、
妻が「夫の浮気が離婚の申立理由」とした場合に、
夫が「いいえ、私は一切浮気していません!」と言い張った場合には、

例えば夫が、ウソをいっていることが明らかであったとしても、
調停委員は立場上からあまり問題としません。

裁判と違って調停委員は心証問題までは問わないようです。

つまり、夫があくまでも浮気の事実を否定した場合は、
「慰謝料」(不貞行為)を支払ってもらうことができなくなります。

 しかし、妻がどうしても納得しない場合は、
調停は和解に至らず不調となり、
裁判へと移行するしかなくなりますが、
やはり「証拠」がないわけですから、
夫と相手への慰謝料請求は根拠がないものと判断されてしまいます。

そこで、困り果てた妻は弁護士に依頼するわけですが、
いくら弁護士でも「証拠」がない以上は不貞行為を理由とした慰謝料の獲得は困難です。


【慰謝料の相場。。。】

・浮気による不貞行為への慰謝料 100~1000万円

・浮気相手に対する慰謝料 50~500万円


【有利な証拠とは。。。】

・伴状態で浮気相手の部屋、もしくはホテル等などに出入りする状況の記録。・

・人気のない場所などの車中で、浮気相手と同伴している状況の記録。

・浮気相手との抱擁(ほうよう)行為・キス行為の状況の記録。

・浮気相手との浮気を認める内容の謝罪文等の記録。

・浮気に対する詰問への暴力行為の記録。(診断書等)


そこで、
浮気調査会社の存在意義が出てくるのでしょうね。。。

ちなみに、
相場は。。。

【浮気調査料金の相場】

浮気調査料金の相場はどのくらいなのでしょうか。
一般的にいって、
30万円程度~150万円程度の範囲が比較的多いケースと言えると思います。

しかし、相場といっても浮気をする日程が絞り込めていたり、
相手が分かっているケースなどではもっと安くつく場合もあります。

1時間あたりの調査料金の相場は、1.5万円~3万円前後です。




ネジのことなら。。。
職人さんのお助けサイト
画像



企業診断のことなら。。。
中小企業と診断士のマッチングサイト
画像