ねじと産業の足どり。。。。

①一本のねじから日本の近代化は始まった!
欧州でねじが盛んに使用され始めたのは
産業革命の初期、1800年代のことです。

日本でも幕末から輸入ねじが使用され近代化と
工業化に大きく貢献しました。

②日本のねじ製造のはじまり!

手作りの工芸品的なねじは、
16世紀半ばに種子島に渡来した銃の尾栓づくりに始まり、
19世紀半ばにはからくり儀右衛門がねじ切り装置を製作して、
和時計の部品にねじが使用されています。

日本で工業的にねじが生産されるようになったのは、
幕末に西欧列強の侵略から日本を防衛するために、
製鉄所と造船所が建設され、鉄船の建造や
修理が始まってからのことでした。

③小栗上野介

若き日の幕府の重臣小栗上野介は、
1860年に訪れたアメリカで目にした
次々に機械で軍艦を建造するワシントンの造船所の
姿に驚嘆しました。

小栗は、こうした近代的な工業施設を日本にも作りたいと考え、
一本のねじを持ち帰ります。

破綻に瀕した幕府財政の中で、
小栗は反対勢力を押し切り、
慣例や無駄を排する改革を進めながら、
巨額の予算を要する横須賀造船所の建設を断行。

その造船所は、明治以降、
日本の諸産業の礎となりました。

③ねじの輸入と国産化、そして匠の伝統で世界をリード!

当初は艦船や機械の修理のためにねじが輸入ざれたのですが、
国内需要の拡がりとともにものづくりの伝統を生かした
ねじの国産化が進み、
やがて世界をリードするに至ったのです。。

④ねじの輸入と流通商社の勃興!

生産設備や機械と同時にねじ部品も幕末から輸入されていましたが、
明治に入ると機械商や地金商が
英国から大量のねじを輸入するようになりました。

明治30年代には、当初からねじを専門に扱う商社が生まれ、
大阪立売堀にねじ問屋街が出現したのでした。

⑤工作機械によるねじづくり

市中民間では、明治17(1884)年頃から手工製黄銅木ねじの、
東京螺子製作所は明治37(1904)年にボルトナットの生産を開始し、
「鋲定」が明治45(1912)年、リベット製作に着手しました。

手工業方式によってねじの製造を開始したねじ製造者は、
軍需の後押しで異論絹製品から鉄製品へ、
機械式製造へと次第に移行して、
技術を向上し品質を拡大していったのです。

⑥工業生産方式による国産化!

本格的なねじの工業的製造は、
官営八幡製鉄によって明治39(1906)年に設置された
ボールトエ場で行われています。

維新政府の強引ともいえる急速な
近代工業化を支え、
重要な役割を演じたねじ国産化の歴史は、
日本の下請け中小企業成長の歴史でもあるのです。

⑦“産業の塩”ねじの貢献!

ねじ業界は戦争によって深刻な打撃を受けたのですが、
朝鮮動乱が救世主となり、業界のリーダー達による
献身的な慟きと結束によって、
いまも残るねじ産業の基盤が築かれました。

日本のものづくり中心の高度成長を支えたのぱ
産業の塩”ねじでした。

⑧産業団体の興隆!

日本の産業団体は護送船団と揖撞された時代もありましたが、
同業者の健全な競争と進歩の基礎づくりに貢献しました。

需要者と供給者、
異某企業と同業企業、
産業界と学界など相互に聞かれた交流と連携が、
企業間格差を防ぎ産業に発展をもたらします。

⑨ねじの産業団体!

ねじ産業の製造と流通の健全な連携を促進するために、
昭和30(1955)年には、商業側の「全国鋲螺商業連合会」と
工業側の6団体(後の「日本ねじ工業協会」)に
よって「ねじ商工連盟」が設立されました。

業界唯一の公益法人である、
社団法人日本ねじ工業協会設立の趣旨は、
前身の「全国ねじ工業連合会」会則第1条にある

“業界地位の向上と産業界発展に資するを目的とする。"

というねじ業界の使命遂行と振興の理念を受け継いでいます。

その他地域、製品品目ごとに企業が集結し、
的確な市場ニーズの把握と適応、
技術と製品品質の向上をめざした、
特色あるねじの産業団体が結成されました。

世界はいま情報化とグローバル化が進んで、
いっそうの技術とサービスの高度化、
さらには経営の先進化が要求されています。

ねじ業界も旧体制からの脱却と産業基盤の
再構築のための変革が望まれています。


ネジのことなら。。。
職人さんのお助けサイト
画像



企業診断のことなら。。。
中小企業と診断士のマッチングサイト
画像