ウィンドーサーフィンの検定試験!?

ウィンドサーフィンにも、
技術認定制度があるようです。。

そこで、JPWA(Japan Professional Windsurfers Association)のHPで調べてみました!

技術認定制度とは

この度、NWA と JPW が統一された協会となるにあたり、
ウインドサーフィンの技術を体系化するために「認定制度」を実施することとなりました。

従来より確立されているウインドサーフィンの技術が客観的な基準で
評価されるA.B.I.T.(ウインドサーフィン技術協会)も統合し、
その検定システムを導入していきます。

更に、ウェイブ、フリースタイル、レースの各競技部門の技術認定と
競技ライセンスの発行を執り行っていきます。

全てのカテゴリーで級の認定を行うことにより、
今まで以上に健全な競技会を開催できるようになり、
競技者自身の向上心を生み出すことにも繋がるため、
より高いモチベーションをもたらします。

カテゴリー毎のグレードを対比した際に、
技術面での差違がないように均一化を作り出しています。

4カテゴリー全てを統合するにあたり、1~5級までの5つのランクに設定されています。
画像




技術認定制度技術認定制度の意味

旧ウインドサーフィン技術協会(A.B.I.T.)が行ってきた技術検定は、
ウインドサーフィンの基礎技術を体系化し、
全くの初心者からエキスパートレベルまでを明確に分類することによって、
技術の解析と指導方法を確立しています。

そのシステムと競技用のライセンスを統合し、
カテゴリーを越えた検定システムを構築しました。

この制度によって、自分の技術レベルを把握できるのはもちろんのこと、
競技に参加する際に、自分がどのクラスに参加すればいいのかが明確化されます。


技術認定と競技ライセンス

認定を行う資格には、技術力を認定する「級」と「競技ライセンス」の2種類があります。

「級」は身に付けている技術そのものを判別するものであり、
「競技ライセンス」は競技に参加するための資格となります。

認定は同時に行いますが、それぞれの意味が異なるため、
永年資格と更新資格に分かれます。

「級」は技術そのものですので、
一度取得した技術認定の「級」を失うことはありません。

協会会員登録を行っていなくても永年の資格となります。

一方の「競技ライセンス」は、競技に参加するためのものですので、
協会会員登録をしている必要があります。


競技ライセンス取得の必要性

「競技ライセンス」が正式に必要となるのは2012年からとなります。

2012年以降はこのライセンスを取得していないと協会会員であっても
競技に参加することができなくなります。

2011年末までの期間内に競技ライセンスを取得しておく必要があります。

資格の取得方法基礎カテゴリーの技術認定は、
年に数回開催される検定会もしくは各地のスクールで行う検定試験を受験することで取得できます。

また、ウェイブ、フリースタイル、レースの3カテゴリーは、
実践の競技の中で成績や技術に応じて認定されます。

各技術ライセンスは検定員によって認定されますが、
検定試験を独立して行うのは、
「ベーシック」だけとなります。

「ウェイブ」「フリースタイル」「レーシング」は実践のコンテスト、レース内で認定を行います。

同時認定この認定制度は、
各競技カテゴリー毎の技術レベルを横並びに比較した際のバランスを整えており、
カテゴリーに関わりなく、技術のレベルを判別することができるため、
4つに大別したカテゴリーのいずれかの資格を取得すれば、
他のカテゴリーの認定を個別に受ける必要はありません。

同ランクであれば、他のカテゴリーの競技にも参加することができます。

資格取得費用

いずれのカテゴリーであっても、認定を受ける際に協会会費とは
別に2,000円の登録料金を必要とします。

また、競技以外の検定会を受験する際には別途受験料(検定会によって異なります)が必要となります。

技術認定ランクカテゴリー毎の級別対比カテゴリー毎のランクは下表の通りです。

カテゴリーによってランク数が異なるのは、その競技の質によるものです。

「ベーシック」は、言うまでもなく全くの初心者からエキスパートまでの全レベルをカバーします。

「レーシング」も、全くの初心者から参加することが可能な競技であるところから、
4つのランクとなっています。「ウェイブ」と「フリースタイル」の2カテゴリーは、
競技が行われるコンディションと技術面の難易度から、
1級と2級だけとなり、3級と4級のランクはありません。

検定員制度検定員資格全ての認定は協会公認の検定員によって行われます。

JPWAのHPより


ネジのことなら。。。
職人さんのお助けサイト
画像



企業診断のことなら。。。
中小企業と診断士のマッチングサイト
画像