建築の知識。。。

お客様からの問い合わせがあり、
用語について、調べてみました。。。

「カーテンウォール」とは

建築物の架構構造とは独立に構成され、建築物の外部空間と室内空間とを仕切る非耐力壁、およびその工法の総称。

帳壁ともいう。カーテンの呼称どおりに中・高層建築物の外側を覆う形式によって代表される壁面である。

画像

(1920年代に作られたバウハウス校舎(ドイツ、デッサウ)のガラスカーテンウォール)

建築構造上取り外しの可能な壁のことをカーテンウォールといい、建物の荷重および自重はすべて梁、屋根、柱、床等で支え、荷重を直接負担しない壁のことを言います。

綴りはcurtain wallで,直訳して帳壁(ちょうへき)とも呼ばれています。

1851年ロンドンで、世界最初のカーテンウォールは建てられました。

それはクリスタルパレスで、先駆的な建物でプレハブ工法でガラスと鉄を鉄骨構造の建築に組み合わせたものでした。

日本では山口銀行本店の建物で、1965年に最初のものができました。


梁や柱と同様に外壁は本来荷重を支えてきました。また建築物にかかる風圧や地震の力に対応する役割もはたしていたのです。

しかし、高層建築が進み、設計上無視できない問題として外壁自体の重量が浮上してきました。

また壁面が地震の際に変形するといった問題も柔構造が高層建築で採用された場合に浮上し、
ガラスが割れて破片が飛び散ってしまう事もそれに伴い問題となりました。


【カーテンウォール工法とは】

タイル、アルミ、ガラス等、カーテンウォールの材料は様々なものが存在します。

そして主に2種類の工法があり、ユニット工法と立法工法と呼ばれるものです。

立法工法とは、ファスナーで構造躯体に立法と呼ばれる縦の部材を取り付け、それに可動開口部分や横の部材を組合せ取り付けていく工法のことをいいます。

ユニットに予め窓等を組み込んだ壁を組み立てておき、建築現場でそのユニットを順番に取り付けていく工法をユニット工法といいます。

図面で平面図を見ればこれがよくわかります。

一般的に超高層ビルで採用されているのはユニット工法で、クレーンを使って予め工場で生産されたパネルを現場で吊り込んで、ボルトで固定するという方法で作られています。

また、カーテンウォールは防火にも強い工法です

くわしくは、こちらまで



ネジのことなら。。。
職人さんのお助けサイト
画像



企業診断のことなら。。。
中小企業と診断士のマッチングサイト
画像





それらの問題を解決するために開発された工法は、梁と柱で築物の荷重を支えるようにし、構造物に外壁を貼り付けるというものでした。これは極力建物のしなりによるゆがみの影響を小さくすることと、外壁重量の軽量化を可能にし、カーテンウォールはこの工法による外壁のことを呼ぶようになりました。