Za-Zen!

今日は、久しぶり(10年ぶり。。)に座禅に参加してきました!

早起きをして、お経を唱えると、
不思議とリフレッシュできます!

下記のお寺の座禅会に参加しました!

【座禅とは。。】
人間は、どうしても自分中心に、ものごとを考えてしまいます。

自分が得する行動すなわち”我”です。

我を通そうとすることで、そこに悩みや、怒り、恨み、嫉妬心、そして欲が、といったいわゆる煩悩が
心に自然に発生して来るのです。

この煩悩も、我も相手があって発生するのです。

煩悩を少しでもなくす。

自分の我、欲をどうしたら無くす事が出来るか?

その修行をするのが「座禅」なのです。



宜雲寺(ぎうんじ)
宗派:臨済宗妙心寺派
住所:江東区白河2-7-10
問合せ先: 03-3643-2183

■座禅会:毎月1日・15日 6:00~7:30
■初心者対応:可能(15分前までに来寺)
■会費:志納
■備考:写経会 第四土曜

※画家の英一蝶が襖絵など多くを此処に残したので一蝶寺とも言われている。

江東区白河にある臨済宗妙心寺派の禅宗寺院である。寛文六年(1666)深川元町神明社地内に建立され、冝雲庵と称していたが、元禄六年(1694)現在地に移転、元禄七年(1695)見性院融峰宗和居士を開基、卓禅恵超禅師を開山として中興。冝雲寺は別称一蝶寺として有名であるが、これは江戸時代の著名な絵師英一蝶が当寺に寄寓、ために一蝶寺と呼ばれてきた。一蝶の作品多数を蔵していたが、惜しいことに昭和二十年の大空襲で一蝶の絵をはじめ寺宝、記録類を焼失。山門の左柱に「一蝶寺」、右柱に「坐禅会」の板札がかかり、山門右手前に冝雲寺の石碑が立っている。また潜り戸には「日本盆栽協会 江東支部」の表札がかかっている。

ネジのことなら。。。
職人さんのお助けサイト
画像

【【ねじ価格比較.com
画像