スタイロフォームの接着剤。。。

お客様より、「スタイロフォーム」同士を接着したいというご要望があり、

メーカーに問い合わせたところ、「エポキシ系樹脂」の接着剤がいいと言われたので、

「セメダインPM165-R」(一液性エポキシ変成弾性接着剤)をご提案しました。。。


【スタイロフォームの特徴】
■熱を伝えにくい。
「スタイロフォーム」は、完全に独立した無数の気泡でできた発泡体です。
熱を伝える3要素(伝導・輻射・対流)が、この小さな気泡の1粒1粒に閉じこめられますので、
熱伝導率はALC板の約1/3です。

■水を吸わない。
「スタイロフォーム」は、完全密閉状態の気泡でできているので水中に長時間つけても、
表面に水分が付着するだけで、吸水率は非常にわずかです(吸水率0.01g/100cm2以下=容積比)。
膨潤したり、軟化、変形、変質することがありません。

■軽くて、丈夫。
「スタイロフォーム」は、水の重さの約1/30の軽さでありながら圧縮強さに優れ、きわめて丈夫です。
集合住宅などの 断熱構造の床スラブにも安心して使えます。

■断熱性能が変わらない。
断熱材は、建物の一部となって性能を高めるもの。
ですから、断熱性能が次第に低下しては問題です。「スタイロフォーム」は、
水は寄せつけず、湿気の侵入もごくわずか。断熱性能はほとんど変わりません。

■加工がカンタン。
板状で適度な硬さをもっているため加工がしやすく、きわめて経済的な省力加工法ができます。
たとえば、鉄筋コンクリート構造の「打込工法」を可能にしたり、木造の「外張り工法」を可能にしています。

メーカーのHPはこちらまで


ネジのことなら。。。
職人さんのお助けサイト
画像


ねじ価格比較.com
画像