睡眠健康法。。。

人間は休養によって疲労を解消し、明日への活力を取り戻します。。

また、睡眠は脳の休息であり、心身の健康維持のため欠かすことはできません。。。

快適な睡眠のためには、

Ⅰリスムをつくる
 ①毎日(休日も)同じ時刻に起きる
 ②終身時刻を決め、1時間前からはベッドタイムとする
 ③朝は流れ作業をする、早起きして運動する
 ④30分以上の昼寝を避ける

Ⅱ寝る前にリラックスする
 ①3時間前からカフェイン、タバコ、アルコールを止める
 ②2時間前からは静かに過ごす(勉強や仕事はしない)
 ③ねるめの風呂にゆっくり入る
 ④毎日同じ時刻に夕食をとる、寝る前に大食しない
 ⑤積極的にリラックスする(筋肉弛緩など)
 ⑥暗く、静かで、適温の心地よい部屋で寝る

Ⅲ睡眠についての考え方を変える
 ①時間の長さにこだわらない
 ②眠れなくてもすぐに悪影響は出ないと考える(居直る)
 ③寝不足は次の日に解消できると考える
 ④寝る前によい考えは浮かばないと考える(考え事は明日にのばす)

などがあります。。。


また、不眠には6大原因があるそうです。。。

①病気や怪我などが原因
②ストレスが原因
③生活リズムが原因
④カフェインやニコチンなどが原因
⑤うつ病や神経症などが原因
⑦寝具が原因

【対処法】
②ストレスが原因の場合

ストレスは心構え1つで感じにくくすることができます。ストレスを感じないための10ヶ条をご紹介!

・いやなことは思い出さないようにしよう
・休日はバッチリ楽しもう
・自分の気持ちを出せるようにしよう
・良い意味での妥協を学ぼう
・気持ちにゆとりを持って行動しよう
・煮詰まる前に誰かに相談しよう
・人からの視線を気にしすぎるのはやめよう
・自分の考えを他人に押し付けないようにしよう
・生活リズムを整えよう
・体調管理を徹底しよう

⑤うつ病や神経症などが原因

現代はストレスに満ちた社会といわれ、人間関係のトラブルなどが引き金になってうつ病を発症し、不眠になったり、中途覚醒や早朝覚醒など睡眠障害を引き起こし、睡眠不足から精神的な疲労が蓄積して、さらにうつ病の悪化をきたすこともまれではありません。
うつ病では、抑うつ気分を中心に、不安や焦燥感など感情の異常、集中力の低下など思考の異常、根気や気力がなくなる意欲の低下などが見られます。

精神疾患の場合は難しいものがありますが、「処方された薬を服用する」「本や音楽などで張り詰めた気分を和らげる」などといった対策が挙げられます。もちろん薬を服用する際には、用法用量をきちんと守ってください。また本や音楽などは、気分が落ち着けるものを選んでください。

その他、くわしくはこちらまで 

ネジのことなら。。。
職人さんのお助けサイト
画像


ねじ価格比較.com
画像