「競業避止義務」とは。。。!?

企業の危機管理の一環として、退職社員による機密やノウハウ漏洩を防ぐために、競業避止義務を課する場合が多くなってきました。

企業の差別化が情報に依存する比率が多くなり、社員が退職後に同業他社へ就職したり独立自営した場合、会社のノウハウや機密がそのまま大量に外部に洩れることになります。

そこで退職した社員には競合する会社に就職させないよう義務を課するわけです。

最近では就業規則にこの競業避止義務を盛り込む企業が多くなってきています。

労働者が競業他社に就職したことにより、それが理由で自社が打撃を受け多大な損害を生じた時に、その損害を賠償させるための予防策なのです。

損害を与えた当事者として特定するため、事前に特約を結んでおくのです。

根拠として就業規則に競業避止義務をとりあえず盛り込んでおく、というわけなのです。


○社員の義務違反に対する会社の対抗措置の例

・競業の差し止め請求
・損害賠償請求
・信用回復の措置

などの法的措置をとることができます。

これらの法的措置は、不正競争防止法という法律に定められたものですが、企業が行う対抗措置には、このほか退職金の不支給または減額措置があります。


もっとくわしくは、こちらまで。。。



ネジのことなら。。。
職人さんのお助けサイト
画像


ねじ価格比較.com
画像