不動産の売却時の「媒介契約」。。。

媒介契約の種類は3種類あります。

①専属専任媒介契約
 売却の依頼をする業者は1社のみになります。
依頼を受けた業者は売却する為に積極的に売却活動をしなければなりません。
1社だからといっても他業者への情報公開を義務づけられていますので他業者が物件を知らない事もなくなります。仲介手数料の支払いもその1社に限られ窓口も1本化できますので便利です。

 メリット:窓口が1社のみなので金額の変更や商談になった場合にも他の業者に伝える必要がなく業者間のトラブルも少ないです。売却まで積極的に努力してくれます。
また、定期的に業務の状況を報告してくれますので反響があったかなかったかとか物件案内があったかなかったか等が逐一報告されます。

 デメリット:情報公開をしないといけませんが依頼を受けた業者によっては直接購入者を見つけたいあまりに他業者に情報を公開しない事もあります。
そうなると売却しにくいばかりか売るタイミングを逃してしまいます
また持主自身が例えば友人などに売却している事を話してその友人が購入する場合、つまり業者が見つけた購入者でない場合でも依頼業者を通さないといけなくなります。


②専任媒介契約
 専属と同じく売却の依頼をする業者は1社のみになります。
依頼を受けた業者は売却する為に積極的に努力する義務があります。
情報公開も義務づけられていますので安心です。

 メリット:窓口が1社のみなので金額の変更や商談になった場合にも他の業者に伝える必要がなく業者間のトラブルも少ないです。
売却まで積極的に努力してくれます。また専属専任と違い、自分で見つけた購入者と契約する場合は必ずしも依頼業者を通す必要がありません。
しかし自分で見つけた相手との契約でも契約書作成のみを業者に依頼するケースも多いです。
定期的な書面での報告もあり業者の動向がわかります。

 デメリット:専属専任と同様に情報公開をしないといけませんが業者によって公開しない場合があります。
大手仲介業者でもそういった事を行っている業者はたくさんあります。


③一般媒介契約
 3つの媒介契約の中で一番売主が拘束されない契約です。
直接依頼する業者も1社のみではなく何社でも依頼できます。
もちろん1社のみに依頼するだけでもかまいません。また自分で見つけた購入者との直接取引も可能です。

 メリット:依頼業者に拘束される事がありません
自由に依頼できますので広く情報公開が可能です。
また直接取引も可能です。

 デメリット:もし金額を変更したい場合に依頼した全ての業者に連絡をいれないといけません
また購入者が現れた場合にはすぐに他の依頼業者全てに通知しないといけません。
業者によりますが一般媒介をしている物件より専任または専属専任媒介を締結している物件の方が積極的に活動する傾向があります。

以上、それぞれに特徴があります。契約期間は原則3ヶ月です。
3ヶ月後書面での申し出により更新されていきます。
売却をやめたくなった場合などは速やかに業者に連絡しましょう。


ネジのことなら。。。
職人さんのお助けサイト
画像


ねじ価格比較.com
画像