「モルタル」取り扱ってます!

お客様より、「モルタル」の問い合わせがありました。

【モルタルとは】
モルタル(mortar)とは、砂(細骨材)とセメントと水とを練り混ぜて作る建築材料。

セメントと砂とは重量比にして1:2~1:3の割合で混合されることが多い。ペースト状で施工性が良く、仕上材や目地材、躯体の調整などに多く用いる。

コンクリートと違い、砂利(粗骨材)が入らない。コンクリートと比べ高価で、クリープ現象などの伸縮を起こしやすいため、構造材料として単独で用いられることは少ない。

●レンガの間の目地材として埋め込まれたモルタル
画像



【コンクリートとモルタルの違いは?】
コンクリートとモルタル の大きな違いは砂利の有無ですが、これによってそれぞれの強度が異なり、用途も変わってきます。それぞれの特徴は以下の通りです。

 
◆コンクリートは・・・ セメントに砂と砂利を混ぜ、水で練ったもの。ブロック積みの基礎や建物の土台、カーポートなど強度の必要な場所で使います。
 
◆モルタルは・・・
セメントに砂を混ぜ、水で練ったもの。コンクリートほどの強度はありません。
ブロックやレンガを積む時や、コンクリートの表面の仕上げなどに使います。
 
セメントのみを水で練った物は「ノロ」と言います。あまり強度はありませんが、きめ細かいのが特徴でタイルの目地やモルタルのひび割れの補修などに使います。


ネジのことなら。。。
職人さんのお助けサイト
画像


ねじ価格比較.com
画像