ナットの作り方【ねじの豆知識】

①切削加工
 工具を用いて切ったり削ったりして寸法形状に加工。
 加工していく上で削りクズ(スクラップ)が発生する欠点があります。
 また、工具により精度の高い商品をつくることができます。

②鋳造・成形
 (1)ダイカスト
   鋳型に溶かした材料を圧力をかけて注入し、形状にする方法。
   例:鬼目ナットちょうナット4種

 (2)射出成形
   プラスチックの加工方法で、加熱し溶かした原料を型に注入し形状にする方法。
   例:ポリカボネートなどの樹脂製
     六角ナット、袋ナットちょうナット

③圧造・鍛造
 切削加工よりもスクラップ量が抑えられ大量生産出来る製造方法。
 金型を用いて材料をたたいて形状に加工。

 (1)熱間鍛造
   予め材料を加熱して行います。加熱しているため、スケール(黒皮)が表面に付着することから
   仕様、要求に応じて除去加工する場合もあります。
   例:太径六角ナット、アイナット

 (2)冷間圧造
   常温で材料の加工を行います。
   ナット(雌ねじ)用の「ナットホーマ機」と呼ばれる機械の使用が主体。
   現在の大半の製品がこの生産方法です。

   中にはボルト(雄ねじ)用の「ボルトホーマ機」と呼ばれる機械を使用する場合もあり。
   例:T形溶接ナット

④プレス加工
 板状の材料をプレス加工により寸法状に加工。
 材料は平角線と呼ばれる、外形形状の寸法に加工されています。
 例:板ナット管用ナット



ネジのことなら。。。
職人さんのお助けサイト
画像


ねじ価格比較.com
画像