象牙の加工。。。

今日、配達の帰りに時間があったので、診断士の勉強仲間だった「台東区の象牙屋さん」に顔を出してみました。

画像



画像


【象牙とは】
象牙(ぞうげ)とはゾウの長大に発達した切歯(門歯)である。

多くの哺乳類の「牙」と称される長く尖った歯は犬歯が発達したものであるが、ゾウの牙は門歯が発達したものである点が異なる。

ゾウの生活において象牙は鼻とともに採餌活動などに重要な役割を果たしているが材質が美しく加工も容易であるため、古来工芸品の素材として珍重された。


印鑑の高級素材としての象牙

適度に吸湿性があって手になじみやすく、材質が硬すぎず・柔らか過ぎず・加工性も金属や水晶や大理石・翡翠などより優れている。

朱肉の馴染みもきわめてよく高級感もあるために印鑑が契約や公式書類では欠かせない日本においては、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約)締結までは一番の輸入大国であった。

印材として現在は日本国内に条約施行前や一時解禁時に輸入された象牙が今でも加工されているほか、水牛の角やセイウチの牙、またはロシアの永久凍土より掘り出されたマンモスの牙が代替品として利用されるなどしている。

近年では、象牙と全く同じ質感のある素材を牛乳のカゼイン蛋白と酸化チタン粉末から作ることが可能で、これを利用した象牙風の安価な製品も存在する。


画像



いずれは、「象牙」と「ネジ」のコラボを実現させたいものです。。。


ネジのことなら。。。
職人さんのお助けサイト
画像


ねじ価格比較.com
画像