与論献奉(よろんけんぽう) 。。。

与論島は、奄美諸島に属する鹿児島県最南端の島です!



ウィンドサーフィンをしに、一度行きましたが、
大変のどかで素晴らしいところです!!



画像


画像



与論献奉(よろんけんぽう)という、儀式のご紹介です!



与論島への客人をもてなす習慣で、焼酎を人数分まわし飲みをする儀式



最初に、親(ホスト)となる人が大きな杯に親が決めた量の焼酎を入れて、
自己紹介を兼ねた口上を述べてから飲み干す
(この時に、杯をひっくり返して残っていない事を見せる)。


また、飲み干した杯に数滴残った焼酎を手のひらにとって自分の頭につけ、神(髪)に返す。



次に、親が注いだ焼酎を子(ホスト以外の人)が飲み、

杯を親に返す(このとき、

子は受け取った杯を手から離して置いてはいけない)。


親はこれを子の人数分繰り返し、それが終わると親が交代しこれを繰り返す
(これと似たものに、宮古島の「オトーリ」がある)。




ただし飲酒を無理強いするものでは無く、親が焼酎を注いでいる時に
トォー(与論の方言で止めの意味)」と言えば注ぐのを止めるほか、
飲めない場合は杯をそのまま親に返しても良い(その場合は親が代わりに飲む)。



元々は、琉球や薩摩から統治の為に送り込まれて来る役人への接待や情報を聞き出す為など、

厳しい支配下に置かれる事の多かった与論島民が生き抜いて行く為の手段だったと思われる。




また、親が最初に飲んで杯をひっくり返して見せるのは、

毒物を入れていないことを役人に見せて安心させる為に行った名残りという。。。




ネジのことなら。。。
職人さんのお助けサイト
画像


ねじ価格比較.com
画像