お得意様の「EDI購買システム」の導入

先日、お得意様(販売先)「EDI購買システム」の説明会に参加してきました。

内容としましては、今まで紙やTELでしていたやり取りを全て電子化に変えて行うものです。 


(例:見積回答、注文請、納品、検品、請求、その他添付図面)


メリットとしては、印紙税等の軽減もありますが、

過去のやり取りのデータを一元管理&データベース化する事で、
最適な取引先を瞬時に判断するところに狙いがあると思います!

今後、弊社でもIT化への対応を、更に進めて行きたいと思います。

(例:中小企業診断士やITコーディネーターとの連携を強化する)




ちなみに現状では、一部の仕入先様とは下記のようなEDIでの取引をすでに行っております。

【メニューにより簡単に商品が選べます】
画像



【価格が瞬時にわかります】
画像



【サイズ等の規格も簡単に。。】
画像



【もちろん在庫状況もリアルタイムでわかり、そのまま発注をかけれます】
画像



【その他にも便利な機能】
・出荷状況の確認
・注残状況の確認
・運送状況の確認
などを、リアルタイムで行えます。

画像


※サンコーインダストリー(株) 様より資料引用



※参考
【製造業のEDIの現状】
画像


なかなか小規模の中小企業までは、普及し切れていないのが現状です。。
資料の引用はこちらより




ネジのことなら。。。
職人さんのお助けサイト
画像


店舗デザイン&資材
画像


ねじ価格比較.com
画像