一番好きな映画!『ニューオリンズ・トライアル』。。

なかなか、ブログのネタがなかったので、
今回は、私が一番好きな映画!『ニューオリンズ・トライアル』のご紹介です!

画像


【ストーリー】

ニューオーリンズの証券会社で銃の乱射事件が勃発。

犯人は11人を殺害し、5人に重傷を負わせたのち自殺を遂げた。

それから2年後、犯行に使われた銃の製造と販売責任をめぐり、犠牲者の未亡人のひとりが民事訴訟を起こした。

訴えられたのは、大手の銃器メーカー

もしも彼らがこの裁判に負ければ、全米中で同様の訴訟の嵐が巻き起こるのは必至だ。

絶対に勝たねばならない闘いを前に、被告側は伝説の陪審コンサルタントを雇い、評決の鍵を握る陪審員に対して裏工作を進める。

その渦中で、暗躍を始める9番目の陪審員ニック・イースター。

謎めいた過去を持つ彼は、ある目的を持って、今回の陪審団に潜り込んでいた。

果たして、その目的とは何なのか?そして、原告・被告の双方に「陪審員売ります」のメモを送りつけたマーリーの正体とは?

全米中のマスコミが固唾を呑んで見守る中、いよいよ法廷を舞台にした熱いバトルの幕が上がる!

銃という題材が、アメリカにとってより切実な社会問題になっている点を反映している。。

そのタイムリーな設定に加え、見る者の興味をかきたてずにはおかないのが、陪審員工作のエスカレートぶりを物語るエピソードだ。

弁護士よりも強大な権力を持ち、収賄や恐喝もいとわず評決を奪い取ろうとする陪審コンサルタントの驚くべき手口。

法廷での闘いよりも法廷外での裏工作のほうが意味を持つアメリカの裁判の実態を赤裸々に描き、陪審制度の盲点を指摘する視点を備えたドラマです!


日本での「裁判員制度」とからめて見るのもいいかと思います!



ネジのことなら。。。
職人さんのお助けサイト
画像


店舗デザイン&資材
画像


ねじ価格比較.com
画像