「すみだ今昔物語」 (後編:明治時代~現在)

「すみだ今昔物語」 (前編:古代~江戸末期)からの続き


(明治時代)

富国強兵殖産興業に基づく、近代産業の導入と発達があった。


当時の、工場の立地条件として、

・地価が安いこと
・広く場所が取れること
・河川の近くであること
・都心からあまり離れていないこと
・近くに労働力があること


これらの条件に適していたのが「すみだ」であった。

明治時代にあらゆる業種が集積された「すみだの産業」は、

日清・日露の戦争による需要の激増が大きな利益をもたらした。


とりわけ、

軍需産業であり、防寒着としての「メリヤス産業」、軍靴としての「皮革産業」が発展した。

・当時の写真(洋風木橋時代の両国橋)
画像


1874年(明治7年)に中和小学校開校←私の母校です!

1894年(明治27年)に総武鉄道(現JR総武線)佐倉から本所間開通。

本所停車場(現錦糸町駅)が開設される。

1902年(明治35年)東武鉄道開通する。

梅若(現鐘ヶ淵)・白鬚(現東向島)・曳舟・小梅(現業平橋)の各駅が設置される。

1903年(明治36年)に吾妻橋岸に札幌麦酒会社ビールガーデンが開店する。

1904年(明治37年)に総武鉄道が本所停車場(現錦糸町駅)から両国停車場(現両国駅)まで延長される。

1909年(明治42年)両国国技館が完成する。

---------------------------------
(大正時代)

本所側は小工場・家内工業・軽工業が多く、向島大工場・企業・重化学工業が発達していった。

しかし、

1908年(大正12年)に起きた関東大震災は、南部地域の産業を破壊し、大企業が周辺地域に移転して行き、零細企業のみの産業地帯を残す結果となった。

・当時の写真(総武線錦糸町駅方面から両国を望む)
画像


1923年(大正12年)9月1日に、関東大震災起こる。

本所区内の家屋は焼失し、吾嬬町・寺島町・隅田町に避難者が殺到。

死者約4万9千人

こちらで、明治・大正期の墨田の写真が見れます。

---------------------------------
(昭和時代~現在)

昭和に入ると、「地下鉄」をはじめ科学技術の発達により、

産業構造の変革期となる。

・昭和8年頃の両国橋
画像


本所とその境を接する工業地帯は、

震災後にいち早く復興したが今度は東京大空襲に遭遇し、壊滅した。

震災発生時、工場が少なく難を逃れた北部地域も、

東京大空襲ではかなりの被害を出した。

・当時の写真
画像


3月10日の大空襲ですべてが焼け、区全体が復興するのは、

昭和25年の「朝鮮戦争」に伴う特需景気を待たねばならなかった。


1928年(昭和3年)京成電気軌道株式会社、向島から白鬚までの白鬚線開通。(昭和11年2月廃止)

1930年(昭和5年)本所に震災記念堂が完成する。

1931年(昭和6年)東武鉄道、業平橋から浅草間開通。

1932年(昭和7年) 総武線両国からお茶の水間開通。

1945年(昭和20年) 東京大空襲。特に本所方面は壊滅。

1947年(昭和22年) 本所区・向島区が合併し、墨田区が誕生する。

1960年(昭和35年) 都営地下鉄1号線、浅草橋から押上間開通。

1978年(昭和53年) 早慶レガッタ復活。
     7月:両国の花火が16年ぶりに、隅田川花火大会として復活。

1984年(昭和59年) 新しい両国国技館が完成。

2000年(平成12年)大江戸線開通・両国

2003年(平成15年) 営団地下鉄半蔵門線の延伸開通、錦糸町駅・押上

2006年(平成18年)新タワー建設地が「押上・業平橋地区」に決定

・スカイツリー完成予想図
画像


---------------------------------

こうやって、「すみだ」の歴史を顧みますと、

「明暦の大火」⇒復興⇒「関東大震災」⇒復興⇒「東京大空襲」⇒復興

といった具合に数々の苦難を乗り越えてきた“土地柄”なのだと感じます。

最も栄えていただろう「江戸時代(中~末期)」の名残が、

関東大震災東京大空襲による二度の被害で残存していない事を大変残念に思いますが、「江戸時代の地図」「現在の地図」を見比べても、地形的にはほとんど変わりがないです。。

画像


こちらで見比べると便利です。


新しい時代の象徴である、スカイツリ-だけでなく、

「江戸、明治、大正、昭和」といった“人々の暮らし”の歴史が、

すべて“体感”できるのが「すみだ」のいいところなのだと、改めて感じました!


ネジのことなら。。。
職人さんのお助けサイト
画像


店舗デザイン&資材
画像


ねじ価格比較.com
画像