インタビュー記事の書き方講座(実践診断士の会)

昨日、所属する実践診断士の会

「インタビュー記事の書き方講座」に参加してきました!



講師は、フリーライターで活躍している馬場千枝さんです。


1991年よりフリーライターとして活動をはじめ、

インタビュー記事、取材記事を中心に女性誌、書籍などで活躍中!

画像


芸能人、著名人のインタビューを多数行っています!





「インタビュー記事」ニーズは、いろいろとあるそうです。。。

 ○生活、社会などの現場的情報
  ・あの人がいいという、商品情報。。。
  ・今、この現場ではどんなことが起こっているのか?

 生き方情報
  ・多様なライフスタイルの中、自分の生き方の指針になるものを得たい

 人物への興味
  ・自分が気になっている、あの人物はどんなことを思考し、感じているのか。。






インタビュー記事の内容は、

インタビューで話をいかに聞き出すかで
90%以上が決まってしまうそうです!



そのためにも


事前の準備が肝になります!


・出身、経歴

・その人が所属する業界に入ったきっかけ

・現在、その人がもっとも興味をもっていること

・本人がPRしたいこと

・聞いてはいけないことも。。



などを、



あらかじめ下記の媒体などを、活用して調べとくと便利です。。。


 ○大宅壮一文庫
  雑誌の過去のインタビュー記事が閲覧できます

 ○国立国会図書館
  蔵書や雑誌記事検索ができます

 ○東京都立図書館
  多摩図書館には、雑誌集中サービス「東京マガジンバンク」があります

 ○Web WHO
  国内最大級の人物情報データベースです

 ○想 IMAGINE
  興味のあるワードから、関連する書籍を検索できます

 その他、専門書を購入して、事前調査します。。





また、




インタビューするときの姿勢についてもいろいろアドバイスいただきました!

特に印象に残ったことは、

・聞く相手を好きになること(興味を持つこと)

・聞きづらい質問の場合は、「真剣さ」を相手に理解してもらうこと

の二つです。。




文章を上手に見せるコツも教えてくださりました。。


①重複をさける
 同じ単語を、ひと続きの文章または、隣り合った文に繰り返し使わない。。

②語尾をシンプルにする
 例:「好きなことでなければ、伸びるはずはありませんし、強みにすることもできません
  ⇒「好きなことでなければ、伸びないし、強みにはなりません

③文末の収め方に注意
 ○○です。
 ○○でした。
 ○○たのです。
 ○○でしょう。
 など、文末の言葉を重複させずに、変化させてリズムをつけること

④句読点の打ち方に注意

⑤改行のリズム、漢字のリズム


そして、

原稿は必ず、三回は見直すこと!

いろいろ、クイズ形式とか、

インタビューゲーム(相手が話したい質問を考える)など、

緊張感を持ちつつ、集中できる講義でした。。

馬場先生ありがとうございました!




最後に。。

ツドイ師匠の推奨本の

にも、

ありますが。。

会社や、商品が持っている「ストーリー」
文章共感感動を与える)でPRできれば、

どんなブランドよりも訴求効果があります!


伝える文章が書けるってことは、相当な武器になりますね!!



これからは、ただ本を読むだけでなく、

その著者の伝え方(文章力)も学びながら

読むよう心がけようと思います。。



おしまい



ネジのことなら。。。
職人さんのお助けサイト
画像


店舗デザイン&資材
画像


ねじ価格比較.com
画像