「新たな事業の展開について」 すみだ塾

今回のすみだ塾は、

「新たな事業の展開について」と題して、

(有)エニシング西村和弘さんに講演していただきました。。



西村さんは、大手企業を退社後、


独立して

趣味でもあった「Tシャツ」の販売をする中、

ふとした切欠で、「前掛け」というもに出会いました。。

画像




販売問屋から、販売ルートの元をたどり、

約1年がかりで、「前掛け」の産地に行き着くことができたそうです!



そこで、感じたことは、

「このままでは、日本の伝統である“前掛け”が衰退、消滅してしまう。。」

「この伝統を受け継ぎ、“日本の仕事着”として、世界に広めていこう!

と決意したそうです。。


その決意の結果、

ニューヨークでも展示会を開くようになりました。。

画像




 
とある本に、“新規事業”を考える上で、

「やるべき事」、「やりたい事」、

そして、

「できる事」の三つの視点で考えろ!

とありました。

常々、何か新たな“チャンスやヒント”がないものかアンテナをはっているつもりでいました。


しかし、

今回の西村先生の講義で、

自分に大きなものが欠けている事に気づかされました。

それは、

「自社のビジョン」(自社がやるべき事)との“整合性を考えるという点です。


今回、すみだ塾に入塾した一つの目的として、

明確な自社の「ビジョン」の構築があります。



やはり、

この柱がしっかりしてないと、

新たな事業展開(案)に対しての自己評価がしがたく、

大きくブレを生じてしまう可能性があります。


同期の仲間(自動車向けゴム製品の製造)が掲げた、

『世の中の“ストレス”を(ゴム製品で)吸収する!』のような、

自社の強み(技術)を核に、

社会の欠陥を改善するといった素晴らしい「ビジョン」に大変、共感しました。




【講義の内容】

(1)西村さんの会社(有限会社エニシング)が、大切にしている考え方

・「モノ」でなく、すべては「人」が中心である!

サービス業でも“研究開発”はやるべきだ!

“考える”のではなく“感じる力”を身につけ、信じる!

・「モノ」、「現実」には共感しない。>「人」、「夢」に皆共感する!

(2)新たな事業展開とは

・切欠のポイントは「根拠」(お客の声)+「ひらめき」(直感と持続できる信念)

・自己評価のポイントは、「ビジョンとの整合性」、「利益計画」、「従業員との合意形成

・ドメイン(土俵)設定のポイントは、「顧客像」、「ニーズ」、「ビジネスモデル」(仕組み)

(3)新たな事業展開の仕方

①芽を見つける!(ヒントはお客様にある)

②水をやる!(数値目標を立て小さくテストする、きれい事だけではダメ、こだわりとのバランス

③成長する!(3年スパン、やりながら気付き変化する)

(4)「利益」を生み出すポイント

・過去に同業他社がやっていないことをやる!(新たな顧客、販路を開拓)

・“儲かる”仕組みを作る→付加価値で勝負!(知恵・アイディアを買ってもらう)

・継続して発注が来る流れを作る!(差し替えられない仕事、徐々に深めていく)

(5)西村さんの会社が、自ら価値を高めていくためにやっていること

・取引先と一緒に夢を見るために挑戦を続ける(ニューヨークでの展示会 他)

・マスコミ等で“世間”に理念を発信し、文化を創っていく(プル戦略に徹底する)

・デザイン、パンフレットをしっかり作る(お金をかけるとこには、かける)


最後に
『世の中に本当に役立つもの(商品・サービス)を提供すれば、利益は後からついてくる!』

この信念のもと「自社のビジョンを掲げ、

来年のすみだ塾の卒業プレゼンに挑みたいと思います。

画像


西村さん、講演ありがとうございました~


ネジのことなら。。。
職人さんのお助けサイト
画像


『粋な町 すみだ』 地域ブランド情報
画像



店舗デザイン&資材
画像


ねじ価格比較.com
画像