すみだ塾 「基礎から学ぶ経営財務」

とうとう最終講義となりました!

一年間あっという間です。。。



今回の講師は、

「中小企業診断士の仲野和秀 先生」です。


 
画像


仲野先生から、

「以前、お会いしましたね!」

名刺交換した時にいきなり言われ
(しかも、年月まで正確に覚えており)、

びっくりしました。


以前、私が所属していた

中小企業診断協会の城東支会での会合で会ったとのことでした。
(今は、診断協会は退会してます)

一度、名刺交換した人は忘れないとは、

さずがプロの診断士だなと感じました。




【講義の内容】
(1)初心者でもわかりやすい財務の基礎知識

 ・「作る」(簿記)→「見せる」(財務指標)→「読む」(財務分析)→「活かす」(事業計画)
 
 ・「ストック」(貸借対照表:B/S)と「フロー」(損益計算書:P/L)の概念
 
 ・実際のキャッシュ(現金、預金)の動きである「キャッシュフロー計算書:C/F」の見方
 
 ・「お金を集める」→「お金を働かせる」→「お金を増やす」という基本的な活動


(2)決算書を読む(財務分析)

 ・「収益性分析」→「総資本回転率」(売上/総資本)×「売上高経常利益率」(経常利益/売上)

 ・「短期の安全性」→流動比率

 ・「長期の安全性」→固定比率




実は予てから、

「日商簿記1級」の“会計知識と、

「中小企業診断士」としての“財務分析知識

そして、

実際の企業の後継者として培った最低限必要な「会計・財務の視点を活かして、

“財務会計に関するセミナー講師”をやってみたいな~と思っていました。
(まー簿記検定の講師でもいいですが・・)




診断士として活動していた時は、

実際に相手先企業を“チーム(4~5名)”で診断する場合は、

「財務分析」を担当させて頂く事も多く、

会計&財務分析に関しては、最も自信がある分野でした。。

画像


そんなこともあり、

今回、仲野先生が配布された教材を見ながら、

自分だったどう伝えるか!?などを考えながら授業を受けておりました。

画像


やはり、

相手(受講者)のレベルがどの程度あるのかを、

対話しながら進めていく必要性があると感じます。

まったくの初心者から

実際の経理担当者まで、



「会計、財務」の場合は

受講者レベルに幅があるのが

特徴ですね。。


そういう意味では、

全員に満足(難しくもなく、物足りなくもなく)させる講義をするには、

かなりハードなのかも知れません・・・


ネジのことなら。。。
職人さんのお助けサイト
画像


『粋な町 すみだ』 地域ブランド情報
画像



店舗デザイン&資材
画像


ねじ価格比較.com
画像