「ガバナンス」(協治)って何・・・!?

墨田区では、

今年の4月に墨田区協治(ガバナンス)」推進条例が制定されたこともあって、

しばらく、話題となりそうです・・・


そこで、

今さら、「ガバナンス(協治)」って何だっけ?と思い、

調べてみました。。。


【一般的な“governance:「統治」”とは?】

簡単に言うと、集団を法律を守りながらうまく運営すること。

効率的に仕事を進めることや、利益をあげることなどを目的とし、

そのためにどうしたら良いのか考えて実行していくこと。


【企業での“governance:「統治」”とは?】

企業の経営を監視・規律すること、又はその仕組みをいう。

コーポレート・ガバナンスの目的は、

(1)企業不祥事を防ぐということと、

(2)企業の収益力を強化することという2点にあるとされている。




画像




では、


【自治体における“governance(協治)”とは?】


「区民、地域団体、NPO、企業、区など

多様な主体がそれぞれ果たすべき責任と役割を分担し、

ともに考え、行動することで

地域の課題を解決していく社会のあり方
」を言います。






求められる背景は・・・!?

(1)地方分権の進展
本格的な地方分権時代の到来にあって、区は「自己決定と自己責任」に基づき、意思決定を行うなど、地域の特性を生かした自主的かつ自律的な自治体運営を進めていく必要があります。そのために、区は、区民への説明責任を明確にし、積極的な行政情報の提供を行うとともに、区政への区民の参加・参画が十分に行われる仕組みを整えることが求められています。

(2)公共ニーズの多様化、高度化とガバメント(従来の統治)の限界
地域の身近な課題について、地域で生活する住民や専門的な知識を有するNPO等のほうが、より的
確・迅速に課題解決を行えるなど、必ずしも行政が公共サービスを独占して提供する必要はないという意識が高まっており、もっぱら行政が独占してきた公共分野に、民間参入を可能とする法整備などが進められています。

(3)求められる、新たなコミュニティ
度重なる災害や体感治安の悪化のなか、防災や防犯施策など地域社会と密接な連携を必要とする課題が山積しており、地域組織としての町会・自治会の役割や重要性も見直されています。しかしながら、旧来のコミュニティだけでは、新たな課題に柔軟に対応するには限界があり、市民活動との融合など、新たなコ
ミュニティの創造が求められています。

画像






協治(ガバナンス)を担う各主体とは?

● 町会・自治会等地縁組織

● NPO・ボランティア団体・区民活動団体

● 企業・業界団体

● 区等行政組織

画像


※参考資料:「ガバナンスができるまで」より抜粋





地域の自治体の青年部として、

所属しているからには、

少しは、「ガバナンス(協治)」の制度を知り

他の組織ともつながり

地域の一員として、行動するためにも、

学ばなければいけないなぁ~と感じました・・・

画像



ネジのことなら。。。
職人さんのお助けサイト
画像


『粋な町 すみだ』 地域ブランド情報
画像



店舗デザイン&資材
画像


ねじ価格比較.com
画像