墨田区の教育関連の支出(予算)ってどうなってるんだろう・・・!?

久しぶりのブログ更新です!

今回のテーマは、墨田区の教育関連の予算枠についてです。。

今までは、「産業振興」や、「観光振興」の施策ばかりに目が行きがちでしたが・・・

今年の課題として、

保護者(PTA会員)の一人として、「教育」にも目を向けていこうと思います!


「国家百年の計は教育にあり!」

と、昔のお偉いさんも言ってたようですし・・・

※「管子」にある名言
「一年の計は、穀(こく)を樹(う)うるに如くはなし、十年の計は、木を樹うるに如くはなし、終身の計は人を樹うるに如くはなし

一年で何かをするなら、穀物を植えるのがよい、十年で何かをするなら、木を植えるのがよい、一生かけるなら人の育成が最もよい、との意



平成23年度の予算発表資料によると

一般会計の歳入:1,098億円に対して

歳出は、産業観光費:25億円、教育費は129億円


そこで、「教育費」の主な内訳を見てみると

「豊かな人間性を持った子どもたちが健やかに育つしくみをつくる」という項目で平成23年度は下記のような内容となっています。

・特別支援学級の充実【拡充】:11,135 千円
  小学校1校に設置(固定制学級)平成 24 年 4 月開設予定

・小・中学校の土曜授業の実施【新規】:69,841 千円

・校舎・屋内運動場の耐震化:936,319 千円
錦糸小学校(校舎・屋体)、言問小学校(校舎)、第四吾嬬小学校(校舎)

・中学校校舎の改築:1,734,771 千円
墨田中学校

・校庭の整備【拡充】:115,000 千円
梅若小学校(芝生化)、文花中学校等

・少人数学級の対応整備【新規】:37,546 千円

・区立学校適正配置の推進:1,010,237 千円
梅若小学校(統合新校)平成 23 年 4 月開校
向島中学校と鐘淵中学校の統合準備

・学力向上「新すみだプラン」の推進:49,822 千円
放課後学習クラブ事業の拡充

・幼小中一貫教育の推進【拡充】:17,624 千円
新たに2つの中学校区で実施

・すみだ教育指針の改定:1,500 千円

・放課後子ども教室の推進【拡充】:50,234 千円



特に重点項目として次の3つがあります。

①小・中学校の土曜授業の実施

画像


予算額 69,841千円(平成23年度)

児童・生徒の学力低下が問題となる中、学習内容を充実させた新学習指導要領が、小学校で平成23年度から、また中学校で平成24年度から完全実施される予定である。

このため、授業時間数の確保等を目的として、東京都は土曜授業を認める方針を示している。

これらを受け、墨田区では平成23年度から「土曜授業」を実施し、確かな学力の定着と心の教育の充実を目指す。

「土曜授業」では、
①授業の公開
②地区公開講座やセーフティ教室の実施
③地域住民等をゲストティーチャーに招いての教育活動など
展開し、開かれた学校・特色ある学校づくりの一層の推進を図る。

あわせて、「すみだ やさしいまち宣言」のコンセプトを踏まえた心の教育の充実を図る。



②学力向上「新すみだプラン」の推進

画像


予算額 49,822 千円(平成23年度)

墨田区の子どもたちに「確かな学力」を身に付けてもらうため、区では開発的学力向上プロジェクトを立ち上げ、学校・家庭・地域の総合的な教育力を向上させるための取組「学力向上『新すみだプラン』」を策定し、様々な施策を展開してきた。

これまでの取組みにより基礎学力の定着に一定の効果が現れているが、さらなる学力の向上を図るため、平成23年度は協治(ガバナンス)を視野に入れ、地域の人材を活用した「すみだSST(School-Support-Teacher)」養成講座」の実施、「放課後学習クラブ事業」の拡充など取組みの充実を図る。



③幼小中一貫教育の推進

画像


予算額 17,624 千円(平成23年度)

学校教育では、いわゆる「小1問題」や「中1ギャップ」など、学校間のつなぎ目で児童・生徒が学校生活や学習面で不適応を起こすなどの問題が生じている。

これらの問題に対応するためには、幼児期から小学校、中学校を円滑に接続し、一人ひとりの発達に応じたきめ細かい教育を系統的・計画的・継続的に行うことが有効である。

このため、墨田区では,平成18年度から、すみだらしい「幼小中一貫教育」の在り方について実践的研究に取り組んでいる。

こうした取組みにより一定の効果が現れていることから、平成23年度は、幼稚園や保育園、小・中学校間の連携体制を整備し、教育課程面での連続性を深め、学習指導・生活指導を充実・改善するために「すみだ幼小中一貫教育推進計画」を策定する。

また、「幼小中一貫教育」を確実に推進するために、本区独自の非常勤職員「一貫教育推進教師」を増員するなど、より一層「幼小中一貫教育」を推進していく。





各行政区(東京に限らず)で行なっている良い取組み事例については、

今後も、情報のアンテナをはる必要があるな・・・と感じるしだいです。。。



ネジのことなら。。。
職人さんのお助けサイト
画像