「学校教育の充実」に資するHP情報集!!

「学校教育の充実」に資するHPの情報です!

教員の方(目指す)も、PTAの方も、参考になれば・・・



(1)学習指導要領 等
  学習指導要領は、各教科等の目標や内容などについて教科書や学校での指導内容の基準となるものです

 ・新学習指導要領・生きる力(文科省HP)
これからの教育は、「ゆとり」でも、「詰め込み」でもありません。

 次代を担う子どもたちが、これからの社会において必要となる「生きる力」を身に付けてほしい。そのような思いで、新しい学習指導要領を定めました。




 ・教師用パンフレット

画像


■ 言語活動の充実→国語科において、これらの言語の果たす役割に応じた能力、感性・情緒をはぐくむことを重視する

■ 理数教育の充実
→思考力や表現力等の育成のための観察・実験、レポートの作成や論述などを行うために必要な時間を確保する

■ 伝統や文化に関する教育の充実
→我が国や郷土の伝統や文化を受け止め、それを継承・発展させるための教育を充実する必要がある。国語科での古典の重視、社会科での歴史学習の充実、音楽科での唱歌・和楽器、技術・家庭科での伝統的な生活文化、美術科での我が国の美術文化や保健体育科での武道の指導の充実を図る

■ 道徳教育の充実
→自分への信頼感や思いやりなどの道徳性を養い、法やルールの意義や遵守について理解し、主体的に判断し、適切に行動できる人間を育てる

■ 体験活動の充実
→子どもたちの社会性や豊かな人間性をはぐくむため、その発達の段階に応じ、集団宿泊活動(小学校)、職場体験活動(中学校)、奉仕体験活動や就業体験活動(高等学校)を重点的に推進する

■ 小学校段階における外国語活動
→中学校段階の文法等の英語教育の前倒しではなく、幅広い言語に関する能力や国際感覚の基盤を培うため、英語の音声や基本的な表現に慣れ親しみ、言語や文化に対する理解を深めるとともに、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を育成し、中学校との円滑な接続を図る

■ 社会の変化への対応の観点から教科等を横断して改善すべき事項
→○情報教育 ○環境教育 ○ものづくり ○キャリア教育○食育○安全教育 ○心身の成長発達についての正しい理




 ・小学校外国語活動
平成23年度より、小学校において新学習指導要領が全面実施され、第5・第6学年で年間35単位時間の「外国語活動」が必修化されました。

画像





 ・総合的な学習の時間
総合的な学習の時間の関連情報に加え、各府省庁・関係団体等において実施している学校の教育活動に対する様々な支援の内容、連絡先等を紹介しています。

画像





(2)道徳教育
児童生徒が、生命を大切にする心や他人を思いやる心、善悪の判断などの規範意識等の道徳性を身に付けることは、とても重要なことです。

 ・道徳教育の充実に向けた取り組み

画像

 



(3)環境教育
現在の環境問題を解決し、持続可能な社会をつくっていくためには、国民一人一人の環境についての理解を深め、環境保全活動に取り組む意欲を高めていく必要があります。

環境教育・環境学習・環境保全活動のページ(環境省)
環境教育・環境学習のデータベースや法律の情報など環境教育に役立つ情報が掲載されています。
画像





 ・ECO学習ライブラリー(環境省)
環境教育・環境学習に関する情報を総合的に提供するポータルサイトです。
画像





(4)国際理解教育
国際理解教育を推進することにより、広い視野を持って異文化を理解し,異なる習慣や文化を持った人々と共に生きていくための資質や能力を育成する必要があります。

 ・日本と世界の繋がりを知る(JICA)
本サイトでは、この調査報告書「ファイナルレポート」をもとに、幾つかの切り口から日本と途上国の相互依存関係を紹介したコンテンツをご覧いただけます。
画像





(5)人権教育
憲法や教育基本法の精神にのっとり、人権尊重の意識を高める教育を推進することは重要なことです。児童生徒の発達段階に応じて、教育活動全体を通じた、人権尊重の意識を高めるための指導を進め、一人一人を大切にするための教育を行う必要があります。

 ・人権教育の指導方法等の在り方について
人権教育の指導方法等について検討し、指導の工夫・改善の考え方を提示するとともに、具体的な実践事例等の資料を収集・掲載した報告書です。

画像





(6)消費者教育
児童生徒が消費者として主体的に判断し責任を持って行動できるようにするために消費生活や消費者問題について学校で学習する必要があります。

 ・消費者教育ポータルサイト(内閣府)
各省庁や団体等により作成された消費者教育用の教材等を提供しています。
画像





(7)教材の研究 等
効果的な教育活動を行うためには、教材や事例等を研究する必要があります。

 ・理科支援ネット(JST)
理科の授業で使える教材、理数教育を支援する事業、シンポジウムや研修会、最新の理数教育の現状に関する調査結果など、理数教育に携わる方に有益な情報を発信しています。
画像





 ・ESD教材活用ガイド
このサイトではユネスコスクールや持続発展教育(ESD)の実践報告等について紹介しています。
画像


持続発展教育(ESD:Education for Sustainable Development)は、私たちとその子孫たちが、この地球で生きていくことを困難にするような問題をについて考え、立ち向かい、解決するための学びです。ESDは持続可能な社会の担い手を育む教育です。




(8)生徒指導
生徒指導は、すべての生徒の人格のよりよい発達を目指すとともに、学校生活がすべての生徒にとって有意義で、充実したものにすることを目指すもので、教員にとって教科指導と並んで重要な事柄です。

 ・教師が知っておきたい子どもの自殺予防
教職員に対して、児童生徒の自殺について正しい知識を提供するため、子どもの自殺の実態や自殺の危機にある子どもへの対応等などについて解説したマニュアルとリーフレットです。
画像





 ・子どもの基本的な生活習慣の確立について
子どもの基本的な生活習慣の確立について、 「早寝早起き朝ごはん」国民運動など、これまでの取組や今後展開される予定の事業などの情報を提供しています。




(9)進路指導・キャリア教育
教員は、児童生徒が進路を主体的に選択・計画し、その後もより良く適応・進歩できるように資質や能力を伸張するための支援をする必要があります。また、児童生徒が主体的に自己の進路を選択・決定できる能力やしっかりとした勤労観、職業観を身に付け、社会人・職業人として自立していくことができるようにするキャリア教育の推進が強く求められています。

 ・進路指導・キャリア教育について
進路指導・キャリア教育について現状や現在の施策等の情報を提供しているサイトです。





 ・小学校・中学校・高等学校 キャリア教育推進の手引
「キャリア教育」への理解を深めるとともに、各学校等で取組を進めていくために活用いただくための
資料です。
画像





(10)法律改正 等
平成18年に教育基本法が改正され、平成19年には学校教育法等が平成20年には社会教育法等がそれぞれ改正されました。さらに、平成20年には、政府として初めての教育に関する総合的な計画として、教育振興基本計画が策定されました。

 ・教育基本法
平成18年に12月に成立した新しい教育基本法について、改正の経緯や国会での議論など様々な情報を提供しています。

教育三法の改正について
学校教育法、地方教育行政の組織及び運営に関する法律、教育職員免許法の3法の平成19年6月の改正について、通知やパンフレットなどの情報があります。

教育振興基本計画
平成20年7月に閣議決定された教育振興基本計画について、その概要やQ&Aなどの情報を掲載しています。また、計画についてまとめたパンフレットもダウンロードできます。




(11)学校外の機関等との連携
学校への要求が多様化する中で、学校は積極的に地域と連携してその力を借りながら、教員の負担軽減や、教育活動の充実を図ることが求められています。

 ・学校支援地域本部に関すること
地域住民がボランティアとして学校の教育活動を支援する「学校支援地域本部」について情報を提供しています。

 ・放課後子ども教室(放課後子どもプラン)について
放課後の余裕教室等で、地域の多様な方々の協力を得て、学習活動や様々な体験・交流活動等の機会を子どもたちに提供する「放課後子ども教室」の情報が掲載されています。
画像





(12)教育の情報化
子どもたちが情報社会に主体的に対応できる「情報活用能力」を育成するとともに、コンピュータ、デジタルテレビ、電子黒板などICTを効果的に活用して分かる授業を実現し、「確かな学力」の育成を図ることが必要です。また、校務の情報化を推進することや情報モラル教育を充実させることも重要です。

 ・情報化への対応
情報教育に関する様々な情報が網羅されているサイトです。
画像





(13)就学援助
就学が困難な児童生徒の保護者に援助を与えることが法律上定められています。就学援助が適切に実施されるために、教員も制度についての理解が必要です。

就学援助について