なにかのトラブルに巻き込まれたら。。。!?

サラリーマンの時には、

たいがい、

会社に法務関係の部署があるため、

トラブルの対処法(特に法的な対応)は、

専門部署or、

顧問弁護士、監査法人等
にまかしとけば、

事はすみました。。。


しかし、



中小企業の場合は、


こういった、専門部署もなければ、

顧問契約(税理士、社労士ぐらいはありますが)を結んでいないことがほとんどだと思います。



そこで、

活用すべきは、

地域等の相談サービスです!


【墨田区の場合】
画像


しかし、

ここの場合、あくまで無料の相談なので、

なかなか、解決策まで見出せないこともあるかと思います!




そこで、

法テラスのご紹介です!

画像


法テラスでは、経済的にお困りの方が、

費用負担ができないために相談ができないということのないよう、

民事法律扶助や日弁連委託法律援助(犯罪被害者法律援助、子どもに対する法律援助)の業務を行っています。


民事法律扶助では、民事裁判等手続に関する援助として、無料で法律相談を行い(「法律相談援助」)、弁護士・司法書士の費用の立替えを行います(「代理援助」「書類作成援助」)。



お困りの方、

ぜひご活用ください!



ネジのことなら。。。
職人さんのお助けサイト
画像


『粋な町 すみだ』 地域ブランド情報
画像



店舗デザイン&資材
画像


ねじ価格比較.com
画像

「まち歩き観光ガイド」。。初体験!!

今週の日曜日に、

診断士の研究会で、「地域ブランドセミナー」を行う予定です。


内容としては、

・診断士が「地域資源活性化」に取り組む際のプロセスについて

・地域活性化における観光振興の役割

墨田の現状と課題

・ディスカッション:地域資源への今後の診断士の取り組み





一人でも、多くの外部の方にも、

墨田区に興味を持っていただければと思い、

セミナーの前に、「まち歩き観光」で、

下町すみだに接していただこうと考えました。。



画像



しかし、

あいにく観光ガイドの方が研修のため、

人員がいないとのことなので、

急遽、私が観光ガイドをすることになり。。。




当日は、「両国南コース」を予定!

(両国観光案内所)スタート!
画像




(回向院)
画像

回向院は、今からおよそ350年前の明暦3年(1657年)に開かれた浄土宗の寺院です。

この年、江戸には「振袖火事」の名で知られる明暦の大火があり、市街の6割以上が焼土と化し、10万人以上の尊い人命が奪われました。

この災害により亡くなられた人々の多くは、身元や身寄りのわからない人々でした。

当時の将軍家綱は、このような無縁の人々の亡骸を手厚く葬るようにと隅田川の東岸、当院の現在地に土地を与え、「万人塚」という墳墓を設け、遵誉上人に命じて無縁仏の冥福に祈りをささげる大法要を執り行いました。

鼠小僧次郎吉の墓

海難供養碑(大黒屋光太夫の名も)

旧国技館跡



(旧両国広小路)
画像

明暦の大火(1657年)の教訓から避難路として両国橋が架けられ、橋に沿う一帯が「火除け地」に指定されました。

この火除け地が両国広小路となり、江戸三大広小路のひとつとして上野、浅草と並び、見世物小屋、芝居小屋、納涼船などで賑わう有数の盛り場となりました。

与兵衛鮨発祥の地

ももんじや

岡場所



(江島杉山神社)
画像

杉山和一(すぎやま わいち)鍼の施術法の一つである管鍼(かんしん)法を創始者。

杉山流鍼術の創始者、杉山検校が屋敷隣に信仰する江ノ島の弁財天を建立したのが始まりです。

ここには、江ノ島の弁天洞窟を模した洞窟があり、その奥深く弁財天が祭られています。

また、杉山検校、笋の八橋検校の碑がありますが、杉山検校の頌徳碑は、彼の肖像のレリーフと点字で銘文を刻み込んだ珍しいものです。

杉山和一の献身的な施術に感心した徳川綱吉から「和一の欲しい物は何か」と問われた時、「一つでよいから目が欲しい」と答え、その代わりに同地(本所一つ目)を拝領した。



吉良邸跡)
画像

元禄12年12月14日夜、大石内蔵助以下赤穂浪士47名が討ち入った、吉良上野介の屋敷はここにありました。

昭和9年、地元の有志が発起人となって、屋敷の中庭にあった「吉良首洗いの井戸」を中心に土地を買い、東京市に寄付、それを公園としました。

吉良邸は広大なもので、この公園はその76分の1にすぎないということです。

幕府の儀式、典礼を司る高家の格式を示すなまこ壁の長屋門を模したコンクリート塀がわずかに往時をしのばせます。

毎年12月14日には、地元の有志によって義士祭が、そしてあまり知られていませんが、毎年12月第2土曜日・日曜日には吉良祭が行われます。

小林平八郎葛飾北斎



(共立学舎跡)
画像

尺振八(1839~86)は、下総高岡藩の医師の子として生まれる。

ジョン万次郎や英学者の西吉十郎から英語を学び、文久元年(1861)、幕府外国方に通訳として勤める。

文久3年に遣欧、慶応3年に渡米と幕府使節団として西洋文明に接する。

渡米のおりは福沢諭吉や津田仙と共に教育施設も視察し、帰国後はやがて、諭吉が「慶應義塾」を、振八はこの地に「共立学舎」をそれぞれ開くことになる。

学舎は、寄宿制の英語塾であったものの、漢学教育も行い洋漢兼学であり、開塾後わずか半年で百名を超える生徒が集まったという。



芥川龍之介文学碑)
画像

芥川龍之介は大正から昭和にかけて「河童」「歯車」「或阿呆の一生」など特異な短編小説を遺して、36歳で自ら命を断ちました。

彼はこの地で19歳までの多感な時代を過ごしました。

すぐ近くの両国小学校に通い、府立第3中学校、今の両国高校に進みました。

その後はここに戻ることはありませんでしたが、両国界隈の情緒、大川端の風情に生涯、深い愛着をもっていたようです。

両国小学校の正門前には、(杜子春)の一節を刻んだ碑が、両国高校の校庭には芥川19歳のときの随想(大川の水)を刻んだ碑が建てられています。



勝海舟生誕地)
画像

幕末、咸臨丸の艦長として日本人初の太平洋横断を成し遂げ、幕府瓦解のときは、官軍の西郷隆盛と会見し、江戸城の無血開城に成功、江戸の街を戦火から救った幕臣勝海舟。

彼はここにあった父の実家男谷家で生まれました。

少年時代は本所入江町、今の緑四丁目で過ごし、向島の弘福寺で禅の修行をし、浅草新堀端の島田道場で剣学ぶという、下町育ちだったのです。



長谷川平蔵遠山金四郎の住居跡)
画像

池波正太郎の人気小説「鬼平犯科帳」の「鬼平」こと長谷川平蔵の屋敷は菊川のこの地にありました。

そして、その同じ場所に40年後、ドラマや芝居でお馴染みの「遠山の金さん」こと「北町奉行遠山金四郎」も屋敷を構えました。

もっとも、平蔵のほうが敷地は大分広かったそうです。

天明5年、長谷川平蔵は火付盗賊改方の役に就きました。

彼の剣術の腕がどれほどのものかは不明ですが、有能な役人であったらしく、石川島に人足寄場を設けたことが知られています。

一方、金さんのほうはもう幕末も近いころ、まず北町奉行に、次いで南町奉行に就任しました。

背中の桜吹雪の刺青はフィクションのようですが、彼もまた有能な役人だったということです。





一応、こんな感じで考えています。。

「ipad」が役立ちそうです・・・


ネジのことなら。。。
職人さんのお助けサイト
画像


『粋な町 すみだ』 地域ブランド情報
画像



店舗デザイン&資材
画像


ねじ価格比較.com
画像

「産業観光」という“光”をあてる。。。

そもそも、

「産業」とはなんでしょうか?

画像



【産業とは。。】

「自然物に人力を加えて、

その使用価値を創造し、また、これを増大するため、

その形態を変更し、

もしくは

これを移転する経済的行為




つまり、


「ものづくり」産業の中心的行為であることを示しています。


「産業観光」とは、

人間の“なりわい”、“わざ”を文化ととらえ、

観光の対象にすることです!





産業観光を展開する前提として

①企業、住民、行政の理解と協力
 企業が所有する資料館、博物館も重要な資源です!


②「見る」「体験する」「学ぶ」の三位一体観光としての体制整備
 青少年の総合学習、校外学習に最適であるため、修学旅行にも組み込まれるつつあります

③受入体制整備
 インタープリター、インストラクターの養成が必要




産業観光まちづくり大賞
※産業観光まちづくり大賞は、観光による地域振興の新しい手法として注目されている
「産業観光(産業遺産や、現在稼働している産業施設などを活用した観光)」による
観光まちづくりを実践し、他の地域の模範となる地域を表彰する制度です。


(第1回)
金賞:(財)名古屋観光コンベンションビューロー
   ~産官連携による産業観光バスのビジネスモデル構築~

銀賞:北海道釧路市
   ~漁業・炭坑・製紙などの基幹産業を活用した産業観光~

特別賞:宇部・美祢・山陽小野田産業観光推進協議会
    ~CSRを魅せる産業観光の推進~


(第2回)
金賞:財団法人浜松観光コンベンションビューロー

銀賞:川崎産業観光振興協議会

銀賞:NPO法人いくのライブミュージアム

特別賞:栗原市


(第3回)
金賞:北九州市

銀賞:函館市

銀賞:益子アートウォーク実行委員会

特別賞:横須賀市・横須賀集客促進実行委員会・(株)トライアングル

特別賞:YKK株式会社・黒部市


(第4回)
金賞:桐生市(群馬県)
画像

※合資会社後藤が戦後に建造した木造の工場は今も現役


銀賞:大垣商工会議所(岐阜県)

奨励賞:昭島市(東京都)

奨励賞:社団法人真庭観光連盟(岡山県)






評価の視点は、
(主に斬新さ、ユニークさ)


①顧客価値

②対象資源

③編集視点

④商品力

事業性

国際性

⑦連携



墨田区の「まち歩き観光」においても、

参考にできることが多くあります。。。



ネジのことなら。。。
職人さんのお助けサイト
画像


『粋な町 すみだ』 地域ブランド情報
画像



店舗デザイン&資材
画像


ねじ価格比較.com
画像

勇気ある!「経営」。。

勇気ある!経営」とは。。。!?



・大きなリスクに挑戦したか!?

常識の打破に挑戦したか!?

・高い障壁に挑んだか!?

・高い理想の追求を行ったか!?



といった、


「チャレンジ精神」が基準になるのでしょう。。


そこで、



東京商工会議所さんでは、

こういった「勇気のある経営」をしている中小企業を顕彰しています!



勇気ある経営大賞

画像


墨田区でも、多くの先輩企業の方が受賞されています!

※受賞された墨田区内の企業(一部)

(第1回)
特別賞:フットマーク(株)

(第4回)
大賞:岡野工業(株)

(第5回)
優秀賞:(株)浜野製作所

(第7回)
特別賞:久米繊維工業(株)

(第8回)
大賞:アルケア(株)


ちなみに、

「選考基準」は、

①製品・サービス 
 ・革新性、独自性、優位性
 ・技術、技能、ノウハウ
 ・市場性、成長性、社会性
 
②経営手法
 ・ビジネスモデル
 ・人材の育成、活用
 ・コンプライアンス、環境対策、社会貢献活動

③チャレンジ精神
 ・チャレンジ精神、事業化能力
 ・経営理念
 ・成長戦略

④業績・財務状況
 ・財務基盤
 ・収益性、成長性


いろいろお手本となる企業が

身近にいることは、大変ありがたいことです!!



ネジのことなら。。。
職人さんのお助けサイト
画像


『粋な町 すみだ』 地域ブランド情報
画像



店舗デザイン&資材
画像


ねじ価格比較.com
画像

中小企業の「ブランド経営」。。。

東商新聞に興味のある記事があったので、

紹介します!

「中小企業のブランド経営」

~ブランド経営のメリット~

中小企業が目指すべきブランド経営とはどのようなものでしょうか!?

画像



マーケティング→「やり方」をテーマに、

ブランド→「在り方」をテーマにしている!

ですから、

しっかりとした、企業の“在り方”をかたちにし、

それを内外に示すことにより、

顧客や社会の、共感・、好意を得られるような経営を、

「ブランド経営」と呼びます。。




それでは、

どのようなメリットがあるのでしょうか?

決して、競合との差別化を目指すものではないそうです。。。


「やり方」は、まねできても、

「在り方」はまねしにくいものです。。

他の企業がまねできない

その企業の「らしさ」を築く、「ブランド経営」は、


差別化競争から脱却し、

「らしさ」に共感・好意を持つ優良顧客を引き付けることです!



ネジのことなら。。。
職人さんのお助けサイト
画像


『粋な町 すみだ』 地域ブランド情報
画像



店舗デザイン&資材
画像


ねじ価格比較.com
画像

「経営戦略を問いなおす!」

経営者、後継者の方

お勧め本のご紹介です!




「戦略」の意味を調べると、

“長期的視野、複合思考で特定の目標を達成するために力や資源を総合的に運用する技術・科学である”

となっています。

画像



この本の冒頭にもありますが、

私も「戦略」という言葉を本当に理解せず

使用していた一人だと思います。

改めて、


この本の中から本当の「戦略」というものを学びたいと思いました。




よく「“成長”戦略」という表現を耳にします。

画像


実際、私もよく使っていました。

しかし、

この表現では自らの成長「目的」としてしまい、

相手のことは二の次になってしまいます。

つまり、

「機」があるかどうかは後回しになります。。


優れた企業は成長”を「目的」としません。

あくまでも「結果」に過ぎないのです。

上場企業でも見られますが、

“成長の代償”ともとれる

「売上高営業利益率の下降」現象は、

その表れではないでしょうか?

「売上とは、“伸ばす”ものではなく、“選ぶ”ものだ!」

著者は結論づけています。




では、

著者が考える「戦略」とは何でしょうか?


『「戦略」とは、“立地”“構え”を幾重にも絡め、その上で“均整”を取ることである』

これが、

この本の核心となっています。

(立地)

目指すべき企業の“立地”として「需要があって供給が少ない」ところに限ります。

どこで店を出すのか、つまり何業を営むのか、それによって命運が決まってしまいます。

本質は「誰を相手に何を収める」かです。

(構え)

小売業で例えるなら、“店構えや展開方法”です。

経営資源を既存事業の“グローバル展開”に振り向けるのか、

新規事業による“多角化”を図るのか、

既存事業ベースとした“垂直統合”に振り向けるのか、などです。

他の次元として、“シナジーの追求”“地理的な展開”などもあります。

(均整)

いくら優れた“立地”を選んでも、

秀でた“構え”をつくっても、

“ボトルネック”が存在すれば、

すべて台無しです。

画像


「戦略」の要は“均整”(ライフバランス)にあります。




「戦略」とは“本質的に不確定な未来に立ち向かうための方策です。

つまるところ、

「戦略は“人”に宿る」ことになります。

そこで、

肝心な“人”の判断ベースとして必要なのが

・「観」(事業観・人間観・世界観・歴史観)、

・「経験」、

・「度胸」です。


画像



「度胸」の本質は“自信”であり、

「観」と「経験」に背後から支えられています。




また、

“人”もそれぞれ「個性」があり適性を見分ける必要があります。

見分ける概念として、

・「パーソナリティ」(性格)、

・「キャラクター」(人格)、

・「テンパラメント」(感受性)


の3つがあります。

「テンパラメント」とは

楽観悲観のポートフォリオ”とも言えるもので、

ここでも

「観」の形成に左右されます。

画像


著者は、「観」の形成として、

若いうちから「リベラルアーツ」(自由人にふさわしい教養、語学、文学、自然科学、哲学、歴史)に

没入することが必要だと述べ、

「戦略論」を学ぶにおいても、

「世界経済史」、「アメリカの経営史」を学生に薦めているそうです。







つくづく、

歴史未来を照らす光

なんだな~と感じました。。。

おわり



ネジのことなら。。。
職人さんのお助けサイト
画像


『粋な町 すみだ』 地域ブランド情報
画像



店舗デザイン&資材
画像


ねじ価格比較.com
画像

「中小企業の事業承継と、今後の事業展開について」(フロンティアすみだ塾)

「中小企業の事業承継と、今後の事業展開について」というテーマで

すみだ塾の講演がありました。

(関満博 先生の講演)

画像


「誰かが作ったモノなら、俺だってきっとできる!」

「図面がなくたって、見て覚えてやる!」

こういった“意気込み”は、

今の日本では見ることができない。

しかし、

中国を含めたアジアの国々ではこういった“意気込み”で製造業が躍進している。


中国でも“事業承継”が進みつつあり、

二代目が現れている!

相続や贈与の税制面での法的整備が進んでいないため、

「株式の承継」など税金がかからないのが現状である。

こういった国外の後継者たちと、

日本の後継者戦っていかなければいけないのである。

画像




親の事業を引き継いだところで、

一日一日、日々縮んでいくのは明白である。

それを打破するには、次の二つしかない。

一つは、

「中国、アジアといったグローバルな戦場に勝負を挑みにいく」か、

もう一つは、

「日本の成熟した市場内に求められる新しいサービスを提供していく」かの

どちらか一つを選択しなければならない。




(パネルディスカッション)

画像


(株)旭建設/(株)富乃露酒造店 代表:黒木 繁人 氏

「自分のこうしていきたいという気持ちを発信していくことが大事である!」、
「新規事業は、一呼吸おいてしまうとおそらくやめてしまう。一呼吸もおかない勢いが必要だ!」、
「人との出会いで道が開いた!」

(株)光岡製作所 部長:光岡 敏郎 氏

「鋳物業界は、客に“作ってやってる!”という思い込みがある」、
「とにかくスキンシップ(肌に触れる)をとることが大事である!」、
「津山関塾ではML上で意見が交換され、“感性”を磨くことができる」

(有)大里化工 谷 重樹 氏

「すみだ塾での最後のプレゼンで“夢”(目標)を語ることで、実現に一歩踏み出せる!」、
「作りたいモノを作ってから、売り先を考えてはダメで、先に売り先をイメージしてから商品開発をすべきだ」、
「すみだ塾の名のとおり、フロンティア(新たな市場)は本当に残っている!」




(グループディスカッション)

・事業承継における“人”に関すること

創業者は存在するだけでカリスマである」

後継者はどうやって先代の“カリスマ”と相対するかが課題である。

特に父親と息子とでは、

コミュニケーションが希薄になりやすい。

それは、身内であるがゆえ、“感情”が入りやすい事が原因の一つである。

うまく第三者を活用することが必要であろう。

・事業承継における“金”に関すること

後継者は、資産を承継するとともに負債(借入れ等)も引き継ぐ。

借入れの返済計画等も十分に検討しなければならない。

また、“株式”の承継対策も必要で、

あるスキーム(一応合法)を活用すれば、株式の移動をスムーズに行える。

・事業承継における“モノ”に関すること、及び、新たなる事業展開について

新商品開発や、新市場開拓も必要であるが、

既存の商品や取引先(協力業者)をもう一度見直すことで、

販路開拓の余地は十分あるのではないだろうか。


最後に

「昼は“知識と志”を、

夜は『感動』を共有する」

(関先生の言葉より)

画像


“夜の部”での「感動の共有」で、

多くの“学び”や“気づき”講義と同等以上(?)に発見できました。。



ネジのことなら。。。
職人さんのお助けサイト
画像


『粋な町 すみだ』 地域ブランド情報
画像



店舗デザイン&資材
画像


ねじ価格比較.com
画像