テーマ:雇用に関する法律

職業能力開発促進法

「職業能力開発促進法」についてです。。 職業能力開発促進法とは、 ・職業訓練 ・職業能力検定の充実強化、 ・労働者の教育訓練 ・職業能力検定機会の提供等 を促進するための法律です。 職業能力開発促進法は、より詳しくいうと、 職業訓練及び職業能力検定の内容の充実強化及び その実施の円滑化のための施策並びに…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

最低賃金法

最低賃金法についてです! 最低賃金法とは、国が賃金の最低額について基準を定めて、 それ以上の賃金を企業が支払うことを定めている法律です。 最低賃金法によって、地域別や職業別の最低賃金額が定められています。 したがって、会社の取り決めにより、勝手に最低賃金額以下の賃金とすることはできません。 そんなことをする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

障害者雇用促進法

「障害者雇用促進法」について ・障がい者雇用の現状 障がい者の雇用状況(2007 年6月1日現在)では、 民間企業(56 人以上規模)で雇用されている障害者の数は約30 万3千人(前年比6.7 %増)であり、 実雇用率は1.55 %(前年比0.03 %ポイント増)となったが、 法定雇用率1.8 %には未だ達していない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高年齢者雇用安定法

高齢者等の雇用の安定等に関する法律(高年齢者雇用安定法)が 改正(平成16年6月5日成立、6月11日公布)されている。 平成18年4月1日以降、定年(65歳未満のものに限る)の定めをしている事業主は、 その雇用する高年齢者の65歳までの安定した雇用を確保するため、 1. 定年の引上げ 2. 継続雇用制度の導入 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

労働者派遣法

労働者派遣は、1985年の労働者派遣法制定以来、 1999年改正、2003年改正と制度の規制緩和が行われ続けてきました。 最近では、「偽装請負・違法派遣」「日雇い派遣」をはじめ、 労働者派遣をめぐって様々な問題点が指摘され、社会問題となっています。 【労働者派遣法】 労働者派遣法は、1985年(昭和60年)に制定さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

職業安定法

今回は、「職業安定法」についてです! 職業安定法とは昭和22年に制定された職業紹介に関する基本法です。 公共職業安定所をはじめとするその他の職業安定機関が労働者に就業の機会を与え、 産業に必要な労働力を提供することを目的として策定されました。 職業安定法ではこれまで原則として民間の労働者派遣事業を禁止していましたが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雇用対策法

そろそろ、このブログ名(社長日記)らしく、 経営に関する情報についても、 投稿していこうと思います! 特に、会社経営において、 必要不可欠な法的規制にもふれて行こうと思います! まず、一発目として、「雇用対策法」です。。。 【雇用対策法】 1. 雇用対策法の改正について (1) 改正の背景 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more