アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
しぶとく、図太く・・・強かに、しなやかに・・・
ブログ紹介
日々雑感の備忘録。
zoom RSS

キャリアコンサルタント 養成講座一覧

2016/07/20 16:41
キャリアコンサルタントとは、

個人の興味、能力、価値観、その他の特性をもとに、

個人にとって望ましいキャリアの選択・開発を支援するキャリア形成の専門家です。



「就職」「転職」「再就職」「キャリア」などの課題
を抱えているクライアント(相談者)の方に対して、

キャリアカウンセリングを通じてその方が自分らしく生きいきとする仕事を見つけ、

働けるように総合的にサポートする役目です。

画像



厚労省では、下記の10団体を養成機関として定めています。


@CMCAキャリアコンサルタント養成講習

実施機関:日本キャリア・マネージメント・カウンセラー協会
通学104.5時間(14回)
通信 35.5 時間
料金:345,600円

AGCDF-Japanキャリアカウンセラートレーニングプログラム
実施機関:キャリアカウンセリング協会
通学 96 時間(12 回)
通信 49 時間
料金:378,000円

BGCDF-Japanキャリアカウンセラートレーニングプログラム
実施機関:テンプスタッフ・ピープル
通学 96 時間(12 回)
通信 49 時間
料金:378,000円

CGCDF-Japanキャリアカウンセラートレーニングプログラム
実施機関:マンパワーグループ
通学 96 時間(12 回)
通信 49 時間
料金:378,000円

DICDSキャリアコンサルタント養成講座
実施機関:キャリアサポーター
通学 102 時間
通信 55.5 時間
料金:291,600円

E日本産業カウンセラー協会キャリアコンサルタント養成講習
実施機関:日本産業カウンセラー協会
通学 84 時間
通信 56 時間
料金:324,000円

Fキャリアコンサルタント養成講座
実施機関:テクノファ
通学 106 時間
通信 50 時間
料金:309,960円

Gキャリアコンサルタント養成講座
実施機関:リカレント

Hキャリアコンサルタント養成講座
実施機関:日本マンパワー
通学 85 時間
通信 73 時間
料金:324,000円

Iキャリアコンサルタント養成講座
実施機関:大原学園
教室通学(160時間)
料金:324,000円


国家試験に関しては以下をご参照ください!
キャリア・コンサルティング協議会
日本キャリア開発協会


キャリアコンサルタント試験は、
職業能力開発促進法(昭和44年法律第64号)に基づき、
厚生労働大臣の登録を受けた登録試験機関が実施する国家資格試験です。


記事へトラックバック / コメント


「感じる」ことと、「考える」こと。

2016/04/15 12:14
ロジャーズはカウンセラーの条件として、「自己一致」をあげている。

自己一致とは、自己概念(あるべき自分)と、自己経験(あるがままの自分)が一致している状態のことをいう。

言い換えると、考える私」感じる私」が一致しているとも言えるであろう。

画像



社会生活の中で、「感じる私」(感情)をありのまま表現する機会は少なく、表現する多くは「考える私」(思考)である。

「〜だと私は思う」という表現は、「感情」なのか、「思考」なのか曖昧である。

人は他人の「感情」を同じように感じるには限界がある。

感じることができるのは自分自身の感情のみである。

しかし

「考え方」(思考)は論理的に理解可能である。

カウンセリングにおいて重要なのは思考の理解ではなく、「感じる」(感情)に対する「共感的理解」である。

心の中の悩みや苦しみは、「感じる」のレベルで起きている問題。

画像



しかし、

「考え方」(思考や理性)でその問題を抑制してしまう。

また、

「感情」「思考」歪みを与える。

カウンセラーは傾聴技法を活用することで、クライエント自身の「あるがままの感情」を受容し、自己一致を促す必要がある。


結論として、

クライエントの「感じる私」に焦点を当て、その感情を「考える私」が自覚できるように促すこと「感じる」と「考える」が一致できるように手助けすること、それがカウンセリングの主要な目的である。
記事へトラックバック / コメント


人の話をちゃんと聴けると、相手も自分も幸せになれる!

2016/04/15 09:57
PTA会長を三年やっていて、一番学んだことは。。

上手に話すことよりも、

上手に話を聴くこと

だと思いました。

例えば、「PTAを脱退したい!」という保護者の方と、何度かお話しをするにあたっては

・相手の気持ちを十分に理解すること

・相手の考えに共感すること

・意見を素直に尊重し、双方歩み寄ること

を気をつけた覚えがあります。

1年経過後、自ら立候補し、再びPTA活動で活躍している姿を拝見すると、

あらためて、相手の話をじっくり聴く(「聞く」でなく)ことの大切さと、偉大さを感じたしだいです。


カウンセリングの創始者であるカールロジャーズは、
「人間には有機体として自己実現する力が自然に備わっている。

有機体としての成長と可能性の実現を行うのは、人間そのものの性質であり、本能である。」といいました。

(例:真っ暗な地下に置かれているそのジャガイモでさえ、それでも窓からもれてくる薄日に届こうと芽を延ばしていこうとする)


カウンセリングの使命は、この成長と可能性の実現を促す環境をつくること。


今、思えば・・・

「傾聴」の基本姿勢である

・受容→無条件の肯定的配慮

・共感→相手とともに理解する。同情は×←無意識に上から見てしまうため

・自己一致→自己概念(そうであるべき自分)と、自己経験(あるがままの自分)が一致している状態

と、近いものがあったんだと思います。

(傾聴とは)
傾聴とは相手の言葉を理解するように耳を傾けて聞くカウンセリングのスキルです。話してのことばを判断せずに聞くことによって、話し手が安心して話せる環境を提供するのです。すると普段は不安になって話せないことも話せるようになり、その結果、潜在意識の中にためているものが開放されて出てきます。その結果、「癒し」効果が出てくるのです。
画像



「人の話をちゃんと聴けると、相手も自分も幸せになれる!」


誰かと話をする時に、批判したり非難したりせずに、話の腰を途中で折ったりせずに、話してが何を言いたいのか理解しようと努力して耳を傾けてみると。。。

きっと、相手を理解できて、相手を好きになり、そんな自分もまた好きになっていることに気づき、さらに、幸せな気分になっている自分を発見していく。。。

こんな感じでしょうか!?

こういう生き方、価値観って素敵だなぁ・・・と思い、

昨年、一年間は「傾聴」(来談者中心療法的な)に、ついて学びました。
(久しぶりに時間が取れたので)

画像



今後も、継続的に学んでいくとともに、

青少年の健全育成の場や、行政と学校とのパイプ役として

実践していければと思いました。。
記事へトラックバック / コメント


青少年関係の事業について

2016/04/08 14:56
【青少年関係事業】

●サブ・リーダー講習会
(生涯学習課、青少年委員協議会)

小学校高学年を対象に、年2回の開催。ゲームや野外活動等を通してグループ活動を体験させ、
自主性・協調性、責任感等を養い、
子ども会や小学校などの各種グループ活動におけるイン・リーダーの育成を図っている。

画像



●ジュニア・リーダー研修会
(生涯学習課、墨田区少年団体連合会

子ども会での年少指導者を目指している中学校1年生から高校3年生までを対象に、
各種ゲームやレクリエーション活動などの技術を修得させている。

(平成28年度)
画像



●夏休み自然体験教室 (農山村生活体験事業)
(生涯学習課)

小学校5、6年生を夏休み期間中の3泊4日で、山形県高畠町の農家ヘホームステイさせ、農山村における生活体験、自然体験をする。

また、小学校4年生〜中学校3年生を対象に、キャンプや屋外活動等の集団生活による自然体験を通じて、
協力し合うことや感謝の心を知ることができる事業を実施。


●すみだ少年少女合唱団
(生涯学習課)

歌う楽しさを通して豊かな情操を養うことや団体活動を通して
協力や規律を学ぶとともに、福祉施設に歌声を届けるボランティア活動などにより団員の健全育成を図る。
併せて区の音楽文化の振興を図る。
小学校3年生から高校3年生までの児童 ・生徒を対象とする。


●子ども会活性化イベント
(子ども会活性化事業実行委員会)

子ども会がより活発に活動を展開し、地域の子どもたちの健やかな成長を促すことができるように、各種レクリエーション種目の紹介や情報提供、技術指導などを行う。


●すみだ教室
(生涯学習課)
中学校特別支援学級及び、特別支援学校を卒業した知的障害者を対象に、日曜青年教室を開催する。
社会的な適応能力を補うことを目的に、社会生活に必要なルールやエチケ ットを学ぶとともに、仲間づくりを中心に社会的自立を目指し、様々な活動を行う。


●子ども会育成者研修会
(墨田区少年団体連合会)

子ども会育成者 ・指導者及び子ども会に関心のある方を対象に、子ども会の狙い、育成者のあり方等基本的事項や安全対策等についての学習を行う。


●わんぱく天国
(生涯学習課)

押上公園内にあり、子どもたちが自然に触れながら、創造力を生かして木工作や冒険的遊びなどを自由に楽しみ、また、子ども同士のつながりを深め、子ども社会のあり方 を学ぶ場。
子どもたちの遊びの手助けとして、プレーリーダーが常駐している。


●帰宅呼びかけ放送
(生涯学習課)

児童 ・生徒の非行防止、事故防止のため、また規則正しい生活の確保に役立つよう防災無線システムを利用して毎日定時に放送する。
4〜 9月:午後5時 30分
10〜3月:午後4時 30分


●放課後子ども教室
(生涯学習課)

放課後における子どもたちの安全 ・安心な居場所を確保するため、区立小学校の施設を利用し、地域の大人や異年齢の子どもたちとの交流の活動の場を提供している。


●家庭教育パンフレット『おやこいっしょに』の発行
(生涯学習課)

小学校の低・高学年及び中学生の子どもを持つ親にパンフレットを配布し、親子のふれあい・子どもの自主性 ・家庭におけるしつけの大切さについて啓発している。

その他、様々な活動があります。
記事へトラックバック / コメント


初日!

2016/04/08 12:05
昨日は、「青少年委員」の委嘱式、総会でした。

はじめての事でしたので、緊張しました。
(PTA協議会も初回は、緊張した記憶が。。)

画像


遅れてはまずいと思い、早く着きすぎてしまいました。。

外の眺めは、こんな感じです。

画像


皆さん、優しく出迎えてくれて、

「1期2年頑張りたい!」と、思った次第です。。
記事へトラックバック / コメント


青少年委員の特徴

2016/04/07 13:54
「青少年委員の特徴」として、大きく3つあります!

@有志指導者(ボランティア)+委嘱指導者(非常勤公務員)

これまで、自由意志に基づいて青少年教育の活動に尽力している有志指導者 (ボランティア)が

教育委員会から青少年委員に委嘱されることにより、

区市町村教育委員会事務局に置かれる非常勤公務員として、

「委嘱指導者」となります。

しかし、青少年委員になったからといって、これまでの有志指導者としての実態が消滅したわけでなく、

従来持っていなかった別の一面が新たに加わったと見るべきで、

これまでの活動領域のほかに、次のような活動などが拡大されたことになります。

・子ども会、目的少年団体、青年団体の活動や指導者を支援する。
・子ども会、目的少年団体、青年団体などの相互の協力関係を増進する。
・教育委員会の青少年教育行政の方針や青少年事業に協力する。
・青少年を対象とする健全育成事業を実施したり、協力する。
・教育委員会の青少年教育行政に提言や意見具申をする。
研修等に参加する。


Aグループ・ワーカー

青少年委員は児童委員、保護司等のケース・ワーカーとは異なり、

青少年のグループ活動を促進する「グループ・ワーカー」である。

従って、非行を犯した青少年や不良行為をする青少年の保護、補導、矯正等は、直接の仕事ではありません。

≪グループ・ワーカーとは≫
グループのリーダーに助言したり、活動に参加し、リーダーを助けてプログラムを発展させ、メンパー一人ひとりとグループの成長を助ける役割を担う人を指します。


B地域と行政のパイプ役

青少年委員は青少年教育行政に対して、単なる補助的存在でもなく、諮問機関の委員でもありません。

行政と地域との間にあって、委嘱指導者として果たし得る活動や役割を担うことであります。

・行政の施策の方針や情報を地域の団体や組織等に提供する。
・地域の団体や組織等の要望を行政に反映する。
・地域のオピニオンリーダーとして、さまざまな会合に出席し、人々の青少年活動への関心が高まるように発信したり、活動する。

(「青少年委員の手引き」より抜粋)
記事へトラックバック / コメント


青少年委員!

2016/04/07 11:45
かなり、久しぶりの投稿です。

本日、区の「青少年委員」に委嘱されるにあたり、

今後は、「青少年活動に関する地域情報」の収集と発信を心がけていきたいと思い、

新たに再始動いたします!


「次代を担う青少年をいかに健全に育成するかは永遠の課題であり、

その時代の大人達に課せられた責務です。」



青少年委員は、戦後の混乱した社会情勢と青少年教育施設の乏しい中で、青少年活動を支援する指導者として発足しました。

近年、子どもたちをとりまく環境は、急激な情報化社会の進展と共に、大きな 変化を遂げています。

スマートフォンやパソコンの活用により、情報の収集や、コミュニケーションを図ることが可能となり、便利となる一方、過度な利用による健康や学業への影響が懸念されています。

また、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあり、犯罪に巻き込まれる要因ともなっております。

さらに、子どもたちの間では、ネットいじめ等の問題も深刻化しています。

子どもたちがインターネット等に依存することにより、家族や地域とのコミュニケーションが不足している状況の中で、青少年教育と青少年団体育成に果たしてきたこれまでの実績から、青少年委員の活動は、ますます重要性を増しており、地域社会における 期待も高まっています。

しかし、青少年団体の活動はもちろんのこと、青少年の意識や行動の多様化とともに、青少年委員の活動も複雑化し、困難な側面をもってきています。


「青少年委員の手引き まえがき”より抜粋」

まずは、できることから、コツコツと邁進していきます。
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

しぶとく、図太く・・・強かに、しなやかに・・・/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]
文字サイズ:       閉じる